FC2ブログ
四十路の零細個人事業主・・現在に至るまで・・

2007年に770万ちょいの借金でついに首がまわらなくなり、 任意整理をして
借金総額500万ちょいに圧縮・・

その後も山あり谷ありしながら、合計8社に月々78000円を 返済するも、
借金残高180万チョイのところで2011年9月についに力尽き・・2度目の
弁護士登板・・その後、月々の返済額が半額になるように交渉を
してもらい・・

結果・・少額の残債があった1社は完済。
あとは、月々の返済は半額に近い額に落着き2012年2月より またまた返済をスタートしています。長い長い返済ロードはまだまだ続きます。
2度も任意整理やってる人はそうもいない・・返済途中で苦しい方参考にしてください。
それでも、それでも・・
何度も何度も、もうダメだ・・と潰れそうになりながらも、なんとか普通の人の
フリをして諦めずに生きております・・でも、完済は絶対します・・

※1度目の任意整理に至るまではカテゴリ「任意整理と弁護士」を
ご覧ください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/category5-2.html

※1度目の任意整理着手後はカテゴリ「任意整理着手」をご覧ください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-17.html
※2度目の任意整理はカテゴリ「任意整理後支払不能」をご覧ください。
任意整理それでも払えないときの対策(1)~(3) http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-466.html

そして・・それでも四苦八苦していた2013年の秋・・
善意あるお知り合いに債務先8社分の残額をまとめて
お借りし返済。←とりあえず完済。気持が楽になりました!
3度目の任意整理をしたような形です。
その詳細はコチラをごらんください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-847.html


おかげさまで2017年5月にすべて完済できました!



揺れたあとは水攻めですかい?
すごい雨ですねー((+_+))外に出れません((+_+))

それでも生きておりますわよ。元気はあまりでませんが
仕事も嫌々ながらもせざるをえないのでやっています。

昨日は終日クライアントさんに出向いていたので
かえってよかったかも・・稼ぐことは忘れていないワタクシ。

今日は罹災証明のための調査に市がやってくるハズでしたが
早々に「雨のため延期」のご連絡が・・
来週の水曜日に変更。

市の方が明るく「自宅の修繕はどんどん進めていただいて結構ですので!」
と言い放ってくれて、さすがにカチンときたワタクシ。

どんどん進めてくれる業者がどこにいるのだ?
どんどん進めるための資金はどこにあるのじゃ?
アンタ達は雨でこなくても修繕の人は雨でもどんどん進めてくれるのか?
と怒鳴りたくなりました。

実際、怒鳴ってはいませんが・・
はぁ・・「それができたらそりゃしたいですが・・」と返答するのみ。
ちょっと気分が悪い。たまたま想像力が欠如したお方が電話してきたのね。
別に調査してもらったからどおってことないんだけど心が疲れる。

で、朝から今日は大型不燃ごみの日でしたが
地震によるガレキというか残骸が山ほどあるのですが
朝から外に出ることもできない雨で運べない!
カッパを着ても無理レベル。

少し雨が小降りになったときに行ってみると
もうゴミは回収が済んだあとだった・・(-_-)
こっちはあんな前が見えない状態の雨でも時間通りに
回収にくるんだ・・こっちこそ延期してもらいたいわ。

たぶん、どこのお家も出せてないから不燃ごみはすごく
少なくてさっさと回収が終わったんだろうな。
天気のよいときにもう一度来てちょうだいよ・・

というわけで、ちょっと不機嫌な金曜日。
不機嫌ながらも仕事が押し寄せているので片付けていきます。

<追伸>
sango*さん
鍵付きコメント拝見しています。
ご丁寧にありがとうございます。
なんとかヘラヘラと生きてますよー!
ほんと、困ったわ―
もうなるようになれ~と開き直っています。
やさしいお声掛けありがとうございます。
鍵付きコメントは反映されないから
そっちからはわからないよね。
こちらはリアルタイムで見れるので
読んでますよ!では、また~

今日もこんな私にポチッポチッとお願いいたします。
毎日の励みになっております。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ


ご無沙汰をしておりました。

はぁ・・・少々沈んだ毎日をお送っていました。
その後の毎日は風があるたびに我が家も含め崩れた屋根瓦が
あちこちでドスン、ガチャンと落ちまくり・・落ち着かない。

ブルーシートを屋根にかけるのが間に合わないお宅は(高齢1人暮らし)
自衛隊がやってきて屋根に登ってシートを張っていました。
過去に自衛隊のことを暴力措置と言っていた国会議員がいたけれど
暴力装置はブルーシートは張ってくれないよ・・
アンタの家が被災したときは助けを求めるなと言いたい。

我が家は屋根にブルーシートは張ってはいるものの雨になれば雨漏りを
気にしてソワソワ・・今のところブルーシート効果で大丈夫ですが
あの地震後のひどい雨漏りがトラウマになっています。
あぁ・・明日からの雨が怖い・・それと風!風が強い我が家の近辺。
先日はお隣の巨大なブルーシートがぶっ飛びました((+_+))
これも明日は我が家かとドキドキ・・

地震後も仕事もあるし、遊びもあるし、ゴルフもあるし、W杯もあるし
ウィンブルドンも開幕したしっていう毎日ではあるものの
相変わらず気分は低空飛行・・

たかが屋根瓦が崩壊しただけなのにこのテイタラク・・
これだけ気分が沈むとは・・(-_-)全然頑張れましぇーーん((+_+))
ケガがないだけマシと言われてもピンとこない。
人間とは基本、自己中なのかもね・・

阪神大震災、東北の震災、熊本の震災で家屋が倒壊した方たちは
いかばかりかの気分だったかと今になって思います。
自分がその身にならないとわからないものです。

以下、記録・・
ご近所さんはいち早く市役所に出向いて罹災証明をいただいた模様。
(皆、年金生活のひとだから時間あるのよね)
早く行ったほうがいいよと言われたものの・・ちょっと待て・・
どうやら罹災証明は一部損壊の場合は写真などを持って行き
自己申告らしい・・(法改正?!ルール改正?!があったらしい)

なにをもって一部損壊というのか・・市のHPを見てみると家屋の20%以下
と記載されているけれど、その20%の判断ってどーするの?!
って思ったワタクシ・・ネチッコイババアなのよ・・凹んでいてもね。

なので、市役所に電話で聞いてみることにした。

質問その1
一部損壊と自己判断する基準を教えてほしい
回答:基準がありません・・・←オイオイ・・なんなのさ・・

質問その2
20%以下というのもどこからどこまでを100として考えれば
よいのか?(外構も?!ガレージも?!家にひっついてる納屋も?!)
回答:しっかりした基準がない・・わからない・・←オイオイ・・なんなのさ・・

というわけで、我が家は市が行きます!と言ってくれて
家にきてくれて判断してもらうことになる。今週の金曜日らしい。
うーーーん・・多くのお家が一部損壊じゃないのに慌てて自己申告した
ばっかりに一部損壊になっているのじゃないの?!と思った次第。

次に災害復旧のための相談窓口への申し込み。
凹んでいてもなんとかすべてを放棄せずにもがくワタクシ・・粘る。
私は復旧資金がないっ!ないのよ・・なんとか融資とか補助とか
なにか特典?!がないかなぁと相談がしたいと思ったので
相談申し込みの電話をしてみた。活用できるものはなんでも活用。

相談の柱は3つあると言われる。
(1)家の修復業者さがし

(2)法的相談(弁護士)←お隣の塀が倒れて家の壁が崩れた場合の
賠償とかその逆パターンの相談など・・
後多分ローンのリスケ相談などありそう

(3)復旧資金の相談
私みたいに貧乏で復旧資金がない!銀行も相手にしてくれない人が
どーしましょー!と相談するパターン

相談時間は1人30分。それぞれに専門家?!が対応を
してくれるらしい。なので、相談の柱を決めてくれと言われたので
迷わず私の相談は(3)でお願いしました。これは次の日曜日です。

トロイだの危機管理室が機能していないだのと言われている
我が街の行政さんですが土日も返上で頑張るには頑張っている
みたいです。

電話をしたときは「お忙しいのにすみません」「休日なのに大変ですね」
「ありがとうございます」の言葉をかけるようにしています。

自然災害は誰のせいでもないから、何かをしていただくときは
「感謝」の気持ちを忘れてはならないし怒ってはいけない。
行政の人も人間だからね。
高齢の方は皆怒るのよね・・なんか悲しいですよね
なんで怒るのだ?!

という感じの地震後2週間たった今日です。
この先どーすんの?!とずっと思いつつ答えが出ていない現状です。
あまり頑張りたくありません。頑張れません。
ネチネチジリジリいきます。匍匐前進です。

あーーーー・・Amazonで屋根を注文したいわーー
売ってないかしらん・・屋根がほしい・・

今日もこんな私にポチッポチッとお願いいたします。
毎日の励みになっております。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ



今日も頭の中をスッキリさせてから寝るとします。
ようやく昨晩は揺れもなくちょっとゆっくり眠ることができました。

今日は家のこと・・

屋根は崩壊したけれどなんとかM6弱を持ち超えた
50年オーバーの我が家。
阪神大震災もなんとか乗り越えています。

実は今年に入ってから、そろそろこの家も限界だなぁと
思うことが多々出てきていました。
リフォームするとなると際限なく修理個所がでてきて
新築の家が建てられそうな勢い。
リフォーム屋さんに相談することさえ怖い。
知り合いのリフォーム屋さんは見るまでもなく
もうどこもさわるなとも・・微妙なバランスで立っているのね・・(^_^.)

次にデカイ地震がきたら本当にマズイと思っていたのです。
そろそろ売って住み替えを考えなくてはならないと・・
不思議なものでそんなことを思い出すとダメ押しの地震・・
こんなもんだわね・・・

以下、頭の中に浮かんでいることをランダムに列挙。

とりあえず屋根の葺き替え・・これハードル高い。高すぎる。
でも、これをしないと前に進めない。
減築して2階部分をとっぱらいたいんだけどなぁ・・
減築が意外にお金がかかるらしいが明日建築会社の人に
聞いてみよう。十分1階の部屋だけで生活もできるし
仕事場も確保できる。

家を売るにも次にどこに住むのか?住みたい場所が浮かばない。
家を建て直しする?!本音を言えばこれが一番やりたいことかも。
しかし、屋根の葺き替えだけでも乗り越えれるかどうかっていう現実。

それでも、理想をならべてみよう・・
今の家を取り壊し建て替え
平屋をたてる。屋根の上に出れるようにしたいなぁ
車の駐車スペースは2.5台分。
事務所スペースをもう少し広く。
他の人にもスペース貸しができるルームがほしい。
裏のなんちゃって畑がみわたせるリビングダイニング
居住スペースは最低限で大丈夫。
これができたら最高なんだけどな・・

でも、理想は高くてもいいのだ・・念ずれば通じる。

一方、現実。

屋根葺き替え、あと5年ほどもてばいい程度。
瓦でなくスレートでよいと思う。
その後、古家付き物件として売る。とはいっても来年以降だな。
売ったお金で住み替え・・
この住み替えあたりで頭の中にモヤがかかって思考停止になる
今の場所以外に市内では行きたいところが浮かばないんだなぁ・・

母や弟がいる街にいく?うーーーーんちょっと仕事に不便。
商圏が変わってくる。
実はもっと歳を重ねてから最終的には母や弟がいる街に
引っ越そうとは思っていたが、今ではないんだなー
(そのころは母はいないと思うけど・・)

家を売りに出してから住み替えまでの流れが全然
描けないので知識としてこの流れを身に付けたい。
来週あたりに仲のよい不動産屋さんにレクチャーを受けよう。

あぁーーー((+_+))何をするにしても屋根なんだな・・屋根。
今は屋根なんだ。

寝ている間に巨人さんがやってきて2階部分をバキっと
とっぱらって捨ててくれて、新しい屋根をカパっと
はめてくれないかなぁ・・なんて思ってしまう。

以上、現在の頭の中を掃出し終了。

明日は金曜日か・・今週はほとんど仕事ができていない。
こんなことで大丈夫なんだろうかとちょっと不安。
自然災害には「情」ってもんがないわ。

今日もこんな私にポチッポチッとお願いいたします。
毎日の励みになっております。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ


疲れましたー・・今日は水曜日か・・
何もしていないのに疲れた。

とりあえず、現状をランダムに書きだして頭の中をスッキリさせよう。
でないとパンクしそう・・

18日・月曜・地震
ゴミ出し後、家と外の間(吐き出し窓から庭にでようとしていた)で強烈な揺れ
体感的には阪神大震災よりキツイ。サッシにつかまりしゃがむことしかできず
尻もちをつく。自然とギャーと声が出ていた。かなりの恐怖。
揺れている最中は隣の家、自宅から無数の瓦の雨・・すごい砂煙
これは家が倒れるなーと漠然と思ったけれど家は無事。

教訓:すぐに屋外というけれど瓦があるところは飛び出すとケガをする

<被害>
屋外
2階の屋根瓦がかなり落ちた。お向かいの家のベランダに
あげてもらって写真をとる。その状態に愕然とする。屋根が崩壊。
プランター植木鉢はすべてぶっとんでひっくりかえっていた。
でも割れていたものはナシ。

屋内
仕事場は本棚は倒れ、本、ファイルなどがグチャグチャ
その他ラックの上のものはすべて吹っ飛び部屋に入れず。
足の踏み場がないとはこのこと。
パソコンや電子機器がすべてセーフ。とりあえずデータを
バックアップ。

台所
食器棚が引き戸だったためすべて中でひっかかって
割れたものナシ。
キッチンラックのしたの観音開きのなかの物が飛び出し
ガラスのカップが3つほど割れた。
ラックの上の観葉植物は寸止め状態でセーフ
冷蔵庫は立ったまま30cmほど位置がずれていた。
中は全然大丈夫だったが、どうやって動いたんだろう。

2階寝室。
古いシャンデリアの足が一本折れていた。
ガラスのカバーは落ちずに宙吊り状態。よって割れず。
あとは被害なし。
家の中の窓、戸はすべて正常にひらく。
ただ、玄関の戸や鍵がかかってない窓は開いていた。

この日はあとは何をしていたのか
あまり記憶がない。とにかく余震だらけで揺れっぱなし
そうだ、とりあえず落ちてきた瓦を拾い集めるのに
結構時間がかかった。植木鉢も元に戻したり、敷地内の亀裂などを
家回りをすべてチェック。幸い家の壁などはクラックなし。
風呂場のタイルも剥がれていない。すごいぞ50年前のタイル職人。
(風呂釜はかえているがタイルは50年まえのもの)
ご近所は瓦が当たって車に傷がいっているところやカーポートの屋根に
穴が開いているところも・・私の車は車庫も大丈夫で無事。

当然、ご近所さんともやんややんや・・
皆、しゃべっていないと落ち着かない(笑)
たぶん、午前中は皆外に出ていたと思う。
時間の感覚が飛んでいた感じ

我が家の横並び1列は建て替えをされた1軒以外はすべて
屋根瓦が崩壊。向いの高齢ご夫婦(ヘルパーさんが毎日きてるレベル)
の安否確認も皆でした。案外平気でいたジーサンとバーサン。
こーいうときは昔ながらのおつきあいがすごく力を発揮する。

教訓:日頃のご近所つきあいは面倒でもしておくこと

とにかくあとは茫然としてしまって何も手につかなかった。
仕事関係の電話連絡、メールさばき、大丈夫か?のLINEなどの
やりとりに追われる。でもこれで結構気が紛れる。
たくさんの安否連絡があった。涙がでてきた。嬉しい。
夜は余震だらけであまり眠れず。とにかく屋根が気になる。

教訓:このときに屋根瓦の業者をもっと必死にさがせ!!
※これができないんだよ・・ホント・・できない。何もできない。
でもやらないとダメだ。

この手のことを行政か一括で業者に発注だけして一斉に
やってくれたらと思った。もちろんお金は自分達で払うから・・
今日聞いた話では一部では自衛隊や市会議員がその仲間と
まわってシートをかけていたらしい・・当然回りきれないが・・
我が家の周辺は警察も見かけなかった。

幸いにも電気・水・ガス・通信(電話、ネット)はすべてOK
一度もストップすることがなかった。
←だから助けが一切ない模様だと今日聞いた。

水は濁っていたが、余震とその後断水になるかもしれないとの
ことなので、そのそなえに風呂に満杯水をため
あと家の内外にあるありったけのバケツにも水をためる
ずっと断水になるrかもしれないという情報ばかりで
明確なことが流れてこない・・どーもウチの街の行政はトロいんでは
ないか?(他の市町村のほうの発表が早い)とここあたりから
思いはじめる。(革新系って現場能力低いのか?!)

19日
大問題は屋根瓦。なんといっても屋根瓦。水より食べ物より屋根瓦。
気になることは人それぞれ。
ライフラインはオールOK。これはありがたかった。
だから屋根瓦。

思ったこと:もっとヒドイところがあるからしょうがないと言うけれど
そういう理屈で人の感情って片付くものじゃないな・・と当事者に
なってわかる。皆それぞれそれどころじゃないのが人間。

スーパーは歩いて行けるところが通常営業。
近くのコンビニ2軒も営業。(こちらも徒歩で行ける)
とりあえずお昼頃にスーパーがどんな感じなのか覗きに行ってみる。
水、飲料系、パン、カップめんはソールドアウト。
でも、アジフライやコロッケなどの惣菜はどんどん作られていて
飛ぶように売れていた。アツアツのアジフライを買って帰る。
どーやら周辺はライフラインがストップしているとわかった。
我が家は依然オールOK。
少し離れている場所の大型スーパーが閉まっていたらしく
かなりの人が流れてきている模様。

思ったこと:市内のライフライン状態を一目で見たらわかるように
地図で色分けしたものをネットに上げておけばよいのに
OKなところがNGなところに協力できると思う。
TVで文字で情報流しても意味がない。
地域の放送はまったく聞こえない。ハウリングがひどく聞こえない。
ライフラインオールOKのところに給水車がきてどーするよ。
(ここでも、地元行政はマズイんじゃないか?と思う)

自動的に地図に色分けするようにITの力でできるハズ。
なんでこれくらいのアイデアが出てこないか不思議。もっと頭を使おう。
あとでわかったことだが道へだててOKなところとNGなところと
えらく細分化していた。ちなみに歩いて5分ほどのコンビニは断水していた。
同じ町内でも断水の家があった。

教訓:情報は命なんだってば・・頭つかおうよ。無駄はやめよう。

笑うことに市のHPはパンク・・ダサい・・ダサすぎる
何度かアクセスしてやっと見れる程度。緊急用のページに
切り替えていたけれどサーバーはデカイの用意してよね。

ブルーシートは行政から配布された。小学校までとりにいかねばならない。
とりに行けない人、足らなくて手に入らなかった人もいた。
が・・シートを張る業者がみつからない。
やっとこさ知り合いのリフォームさん屋さんに来てもらったが
屋根に登る職人がぜんぜんいない。
なんとか現状で大丈夫じゃないか・・ということで何もできず。
ほんとか?!と思ったが大嘘だった(-_-)
中吊りのシャンデリアだけは撤去してもらう。
また連絡するからと去って行かれた。今回これが大失敗。

ご近所は自力でシートを張っていたり業者が
きていたのでウチもやってと頼んでも無理と言われる。
ちょっと凹む。1人ものはこーいうときは大変だ。しょうがない。
もうなるうようにしかならんなーと腹をくくる。
我が家の屋根はなぜだかよそより高い。さすがに私は登れない。

あとはスタッフさんと仕事場の現状復帰作業。
できることからやる。稼がなくてはいかんのはわかりきっている。
なんだか家中が細かいほこりだらけ

そして今日の20日・・長い1日
なぜだか午前3時半頃に猫が1階で騒ぎまくって静まらない。
いつもは一緒に寝るのに2階に絶対あがってこない。
しょうがなく起きて(いやに目がさえた)1階へ・・
おりたとたんにグラリと余震・・そうこうするうちに雨足が
ひどくなってきた。

屋根が気になるがなんだか嫌になってソファーでウトウト・・
猫はニャーニャー騒いでいたがウトウト・・5時ごろにまたグラリ・・
またウトウトしていてかなり雨足がひどくなったので2階を見に行くと
あぁーーー全然大丈夫じゃないっ!水浸し!4つあるうちの3つまでが
水浸し!一番ひどかったのが寝室。私のベッドの上にボタボタと
流れるように水が・・慌てて布団(すでにベチョベチョ)をどかし
ベッドのマットをどける。猫は水害予知していたのかしらん?!

ありったけのビニールシートをひらげまくる。いらないタオルケット
バスタオルをひらげまくる。タオル類をおいておくと水はねが軽減される。
しばらく雨漏りと格闘。スタッフさんにもヘルプコール。
スタッフさんと雨漏りと格闘。
(すぐ近くなのにスタッフさん宅近辺は被害がすくない)

もうこれはいかん!と気づき母に電話。知り合いの建設業者(京都)に
来てもらえないか頼んでもらう。
最初から頭にはあったが遠いので遠慮をしていた。
もう遠慮なんかしている場合ではなかった。

教訓:緊急時に遠慮は無用。図々しくあれ・・

こころよくこの建設業者さんは午前中に急行してくれる。
遠路よく来てくれたと思う。母からの連絡を受けてすぐ来てくれた。
でも、雨がひどくて屋根に登っての作業ができない。
とりあえずは2階の部屋に巨大なシートですべて養生をしてくれた。
これだけでもどれだけ心が軽くなったか・・天井はもうひどい水シミ。
もうこの家はだめだな・・とまた凹む。

そして、雨の中屋根の上だけを写真撮影をしてくれて
ちょっと検分してくれた結果、屋根は総替えしなくては
ならないことが判明・・もう眩暈が・・お金どーすんの・・(@_@。
顔では笑っていたが目はうつろになっていたに違いない。

この建築業者は実は亡き父の仕事で長年のつきあいのある会社。
母の家、弟の家、叔母の家を建てている。
私にとってはちょっと縁薄い義理父だったが、きちんとした
仕事付き合いをしてくれていたおかげでこんなところで恩恵を
うけた。ありがたい。合掌。

とにかく雨があがったらまたくるから2階は雨で天井が
落ちる可能性があるから1階で寝てねと言われた
(いやもう水浸しで寝れないし・・)
とりあえず、ビショビショですがなんとかしてくれそう・・

しっかし、屋根を総替えすると最低でも100万・・・
え?!なんですと?!どーすんの?!借金は完済したが
さすがにそんなに余裕がないぞ・・たらん!

むぅーーーーーーまたか・・ワタクシ・・
また金に追っかけられるわけね・・今日はもう何も考えず
得意の逃避就寝とします。

そう・・明けない夜はないのだ。ひさびさのフレーズです。
ほんと・・夜がすぐやってくるわ。

今日まではあれこれやっている合間に仕事をしていましたが
明日から仕事は再開するぞ・・

長くなりましたが、ちょっとスッキリしました。
もっと大変な方がいるのは重々承知。
それでも吐き出しておかないとね・・
おやすみなさい。

今日もこんな私にポチッポチッとお願いいたします。
毎日の励みになっております。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ


今日は晴天。爽やかです。ムクゲの花が咲き始めました。

photo01b7e03261f649032e066912656d81857c65dcd2eb-003.jpg

午前中から黙々と草むしりしたり、植木の剪定したり。
今年は敷地外の緩衝帯の雑草を早い時期からコツコツ除去中。

今のところ私の除草力が上回っていますが、いつまで優勢が
保てるのか?!今までみたいに雑草刈りをしたくないんだけれどなー
もう猛暑の中で雑草刈りを体力気力がないぞー(^_^.)
だからコツコツ・・

面倒なのがこのヤブカラシなる雑草・・

img_110.jpg
※写真はお借りしました。

これ、数年前からあちこちで猛威をふるっています。
どこからやってきたんだか・・(>_<)

今年のターゲットはコイツ。コイツと日々闘っています。
芽が出てきているところは頑張って根っこを引っこ抜くように
していますがその根っこがすごい・・全部とりきれない(-_-)
雨の後なんかすごい勢いでアチコチで芽が・・((+_+))

その前は葛の猛威にさらされていたのだけれど
コツコツ葛はやっつけてやれやれと思っていたら
お次はヤブカラシです。ツル系の雑草はほんとやっかいです。
今は敷地外の緩衝帯で繁殖中なので良いですが
敷地内に入ってきたら大変・・

そして、ついでにというわけではないですが
あちこちにこぼれタネで発芽して成長しているムクゲを
緩衝帯に植樹?!したりしています。すでに2本は結構な木に
成長しています。

この敷地外の緩衝帯は私しか出入りできないし
ある意味、自分の庭みたいなものだからチョコチョコいろんなものを
実験よろしく植えています。野菊とかムスカリなどは自由に繁殖中。
何か植えておくとその分雑草は少し少なくなるし・・
案外これが楽しかったりもします。実験好きです(^_^.)

と、なんだかんだしていて暑くなってきたので家に入ると13時・・
お昼はこの頃ちょっとマイブームなタマネギと紅ショウガとシソの
かき揚げ・・(^_^.)→タマネギとショウガのかき揚げのレシピはこちら

photo01d1618b1fef7c0bae175ba53da640a8074277d265-001.jpg

これ、お昼の残り・・シソは畑のあちこちで勝手に育っているもの。
シソをお船のようにして揚げています。
紅ショウガは毎年新ショウガを赤シソで自分で漬けたもの。

photo017d6d392a8a32a51f7ddeceb5ee9b70ebb3767376-002.jpg

これは昨年漬けたものです。そろそろ新ショウガの季節なので
今年も仕込みをしなくてはなりません。
紅ショウガは祖母がこれをずっと作っていたので、市販のいやに無理矢理
赤いやつは私の中ではちょっと・・吉野家の牛丼では食べるけど・・

遅いお昼ご飯のあとは本でも読もうかとソファに寝転がると
知らぬ間に昼寝・・・(-_-)zzz
目が覚めたときにはすでに18時・・いやに眠った感満載(@_@。
でも、今の季節はまだ明るいのでなんだか心に余裕があるのが
うれしいものです。

晴天・・畑&庭仕事・・お家ごはん・・昼寝・・
あぁー結構、これが幸せなんだなぁ・・あれやこれややりたいこと、
欲しいモノ、行きたいところもまだまだたくさんありますが
バタバタ動いて何かを得る幸せよりも、案外、今日みたいな
なんでもない1日を過ごせることが一番幸せなのかもしれないな・・
ユルい幸せ感って大切。

明日はペン習字のおけいこに行ってきます。
非常にユル~く地味に継続中です。いつかは達筆になれるかも・・

今日もこんな私にポチッポチッとお願いいたします。
毎日の励みになっております。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ