四十路の零細個人事業主・・現在に至るまで・・

2007年に770万ちょいの借金でついに首がまわらなくなり、 任意整理をして
借金総額500万ちょいに圧縮・・

その後も山あり谷ありしながら、合計8社に月々78000円を 返済するも、
借金残高180万チョイのところで2011年9月についに力尽き・・2度目の
弁護士登板・・その後、月々の返済額が半額になるように交渉を
してもらい・・

結果・・少額の残債があった1社は完済。
あとは、月々の返済は半額に近い額に落着き2012年2月より またまた返済をスタートしています。長い長い返済ロードはまだまだ続きます。
2度も任意整理やってる人はそうもいない・・返済途中で苦しい方参考にしてください。
それでも、それでも・・
何度も何度も、もうダメだ・・と潰れそうになりながらも、なんとか普通の人の
フリをして諦めずに生きております・・でも、完済は絶対します・・

※1度目の任意整理に至るまではカテゴリ「任意整理と弁護士」を
ご覧ください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/category5-2.html

※1度目の任意整理着手後はカテゴリ「任意整理着手」をご覧ください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-17.html
※2度目の任意整理はカテゴリ「任意整理後支払不能」をご覧ください。
任意整理それでも払えないときの対策(1)~(3) http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-466.html

そして・・それでも四苦八苦していた2013年の秋・・
善意あるお知り合いに債務先8社分の残額をまとめて
お借りし返済。←とりあえず完済。気持が楽になりました!
3度目の任意整理をしたような形です。
その詳細はコチラをごらんください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-847.html


おかげさまで2017年5月にすべて完済できました!



すでに今日は木曜日・・
あちゃー((+_+))旅の余韻なぞどこへやらという状態になっています。
昨日は急な仕事が入り、今日の朝方までモクモクと仕事を
しておりました。今日は遅めに起きだし、午前中はOFFにして
ゴソゴソしています。

日々いろんなものに追っかけられて生活している私・・
何回かにわけてこうして旅行の話をアップしていくっていうのも
なかなか至難のワザ?!なーんて思ったり・・でもでもここまで
書いたら最後まで書かなくては・・というわけで今日で旅行の話は
終わりますのであと少々おつきあいくださいませ。

さて、初日になんとかヘロヘロになりながらも熊野三山を制覇した
私達・・お後は温泉のみ~♪とウキウキお宿へ・・

今回のお宿は私達にしてはめずらしく昔ながらの大型観光ホテルを
チョイス。いつもは小さな民宿と旅館との中間のようなところに
泊まって地物のお魚を堪能したりするのですが、今回の旅の目的は
「滝」!なのでお宿はコスパがよくて温泉につかれればよいや!という
チョイスにしました。ちなみにお値段は1泊2食付で10000円をちょっと
切るお値段でしたがなかなか楽しめました(^_^.)

こちら・・島にあるお宿・・

DSC02014.jpg

車は陸にあるお宿の駐車場に置いて船で島に渡してもらいます。
島ひとつがホテルになっています。
これも、初めての経験で那智の滝での登山?!の疲れも
忘れてなんだかうきうきとハシャグおばさん2人組・・(^_^.)

到着して、イソイソと温泉へザブーン!いやぁ・・気持ちが
よかったです。大型観光ホテルだけあってお風呂も広く
海がすぐそばの露天風呂も最高です。源泉かけ流しということで
お湯はジャンジャン流れているし気持ちがよい。

湯船の中で疲弊した足をモミモミ・・
温泉独特の硫黄の匂いがプンプンしており、露天風呂には
湯の花も・・海のまん中の温泉でもこんな感じなのですねぇ・・
ちょっと、驚きました。近畿圏の日本海の海辺にある温泉では
こんな匂いがするところに行ったことがありません。

この時、温泉につかりながら友人と、「でもさ・・この宿って
地震があって、津波ってなれば完全アウトよね・・」なんて話を
していたのです。そして「でも、今日はあちこちでお祈りしまくった
から大丈夫でしょー!」なんて・・うふふ・・(^_^.)

夕飯は指定のレストランでの食事ですが、宿泊代金が代金だった
だけに、さして期待はしていなかったのですが、食事が終わったとき
には満腹状態に・・大型のレストランでかなりの人数が食事をして
いましたが、熱いものは熱いうちにタイミングよく運んでこられ、
どこのお宿も企業努力をされているのだなぁと思いました。
お宿の従業員さんも皆、教育が行き届いていて親切で気持ちが
よい対応でした。←結構オバサン2人組みこういうことにはウルサイ。

なにしろ大型観光ホテルなので団体ツアーの方もたくさん宿泊されて
いて、かなりの宿泊率だったと思います。
あと、平日だったせいか、宿泊している方は90%がシニアの方達で、
こんなことを言っては何ですが、よほど近頃の若いもんよか、
ヒートアップしてお行儀が悪い方がたくさん・・((+_+))

それでも従業員の方達は笑顔で丁寧な対応をされていたのが
印象的です。ホテルの施設じたいは古く、昔ながらの観光ホテルなの
ですが、中は改装もされていてとても清潔でした。

逆にどの業界も旧態然とした経営をしていると生き残れないのだなぁ
と思ったりね・・人口が減っている日本だからリピしてもらわないと
いけないものね。

と、気持ちよく食事のあとはもう一度温泉につかって、内緒で
もちこんだ焼酎をちょこっと飲んで倒れ込むように早い目の
就寝をした私達・・

朝の目覚めは?!なんと、聞いたことがないけたたましい
サイレンの音・・私は、てっきり友人が携帯にアラームをセットして
いると思い「なんだぁ~?派手な音を設定しているなぁ・・」と一瞬
思ったのですが私の携帯も同じ音を出しておりました((+_+))

見てみると緊急地震速報とあり、びっくり・・一気に目が覚めた
私達・・でも、布団の上に座っていただけな私達・・危機管理ゼロ。

しばらくして友人が「ねぇ・・揺れた?」・・私「揺れてない・・」
テレビをつけると、陸地の勝浦や新宮市のほうは結構な震度が表示
されているのでますます????な私達。

ホテルからの館内放送でもあるのかと思ったりもしましたが
それもナシ。小一時間ほど部屋でお茶を飲んだりしながらテレビを
見ていましたが余震もないみたいなので、ならばお風呂へ・・
と繰り出した私達。

部屋の外は何もなかったかのような賑わい(笑)ロビーでは漁協の方達
の朝市なんかも繰り広げられていておりました。
結局、今だもって不明なのですが、どうやらあのホテルの島は揺れ
なかった模様です。あはは・・
やっぱり熊野三山の「おかげ」だったのかもしれません。

さて、朝食のあとのこの日は昨日とうってかわってのんびりモード。
ちなみに、朝食ブッフェもなかなか満足なものでした。
海上保安庁のお船が朝のパトロール?!に出勤です。

DSC02015.jpg

お宿の海辺よりパチリ・・

チェックアウト後はお船で陸に渡してもらい、ひたすら白浜を
めざして海沿いの道をドライブ・・この日もお天気に恵まれて海が
綺麗な事・・

まずは橋杭岩・・

DSC02018.jpg

2色のカニさんいました。みえるかな?

DSC02020.jpg

橋杭岩は子供の頃に1度訪れたときはもっと岩が巨大な印象があったのですが
あれ?!こんなもん?!って感じでした。

お次は潮岬・・本州最南端・・なんともカワイイ灯台。

DSC02025_20130418111735.jpg

太平洋の海の顔は日本海と違いますね。

DSC02023.jpg

あとは、ひたすらのんびりと車を走らせ「とれとれ市場」へ・・
白浜近辺はもう私も友人も何度も来ているのでどこも立ち寄らず・・
というか、立ち寄っていると帰りが深夜になっていたハズ・・

おいしく昼食をとって、最後の締めにとれとれ市場の
ソフトクリームを食べてとりあえず、旅の行程は完了。
ここのソフトクリームのミルクがとってもお気に入りな私達です。

その後は龍神温泉、高野山を越えて帰路につきました。
途中の道の駅での桜・・どこだったか・・忘れた・・(-_-)

DSC02027.jpg

この帰路のドライブルートちょっと厳しかったです。やたらカーブが
多くって・・高野山手前の護摩壇山の頂上付近では道端に雪が
のこっていてびっくりでした。

というわけで、長々と借金持ち旅行の記事におつきあいして
くださってありがとうございます。
明日からはまた、ギリギリモードな日々や、たわいもないことの
記事になりますがこれからもよろしくお願いいたします。

ギリギリでの毎日ですが、こうやってチマチマと寄せ置いて
おいた別財布の予算でたまには楽しみたいと思う私です。
また、別財布にチマチマお金を寄せ置いとかなくっちゃ・・

モタモタしながらも、ギリギリ生活でキリキリしながらも
「今」を楽しみながら明日につなげたいと思っています。
今回の旅行はそういう意味でも、かなりリフレッシュができ
いろんなことを立ち止まって考えるよい機会になりました。

今日もこんな私にポチッポチッとお願いいたします。
おかげさまでなんとか踏ん張れております


にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック