四十路の零細個人事業主・・現在に至るまで・・

2007年に770万ちょいの借金でついに首がまわらなくなり、 任意整理をして
借金総額500万ちょいに圧縮・・

その後も山あり谷ありしながら、合計8社に月々78000円を 返済するも、
借金残高180万チョイのところで2011年9月についに力尽き・・2度目の
弁護士登板・・その後、月々の返済額が半額になるように交渉を
してもらい・・

結果・・少額の残債があった1社は完済。
あとは、月々の返済は半額に近い額に落着き2012年2月より またまた返済をスタートしています。長い長い返済ロードはまだまだ続きます。
2度も任意整理やってる人はそうもいない・・返済途中で苦しい方参考にしてください。
それでも、それでも・・
何度も何度も、もうダメだ・・と潰れそうになりながらも、なんとか普通の人の
フリをして諦めずに生きております・・でも、完済は絶対します・・

※1度目の任意整理に至るまではカテゴリ「任意整理と弁護士」を
ご覧ください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/category5-2.html

※1度目の任意整理着手後はカテゴリ「任意整理着手」をご覧ください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-17.html
※2度目の任意整理はカテゴリ「任意整理後支払不能」をご覧ください。
任意整理それでも払えないときの対策(1)~(3) http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-466.html

そして・・それでも四苦八苦していた2013年の秋・・
善意あるお知り合いに債務先8社分の残額をまとめて
お借りし返済。←とりあえず完済。気持が楽になりました!
3度目の任意整理をしたような形です。
その詳細はコチラをごらんください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-847.html


おかげさまで2017年5月にすべて完済できました!



今日もあっという間におわっちゃいました((+_+))
なんだかこれでいいのだろうか私?!と不安にかられたりも
しちゃいます。

うむ・・ここで流されてはいけない・・
今年は昨年のようにヒドイ状態には絶対なりたくない。
あと少し・・もう少し・・踏ん張って現状から少しずつでも
良い方向に生活を持っていきたいと思い続けなくちゃ・・

さて、そんな思いの中でもまだまだ続く、借金持ちの旅行のお話・・
今日もはじまりです。

今回の旅の目的でもあった熊野三山のオーラスである
那智大社&那智の滝に到着した私達・・正確にはその駐車場。
そして目の前にででーんと現れた石段に「そんなの聞いてないよー」
という気分になりつつも、まだ現実がわかっていなかったので、
これを登れば那智大社・・お後は滝っ!というカンジで石段に
臨んだのでした。

ただ、階段を降りてきたシニアの方達が杖をもっておられたのがちょっと
気になりつつも・・あの杖はどこで調達したのか??

杖はともかく、石段はこんな感じです・・この時点で駐車場からは
かなり階段を登っています。ええ?!まだあるの??という状態・・

DSC01993.jpg

休憩しつつモクモクと登り・・なんとか辿り着いたときにはもう2人とも
息も絶え絶え・・無言・・((+_+))日頃のウォーキングなんぞなんの足しにも
なっておりません。

辿り着いた瞬間がこれ・・最後のこの階段きつかった・・

DSC01994.jpg

友人が階段の数を数えていたそうで、464段あったそーです・・
しかし、登ったあとは爽快でした。

高いですー!高いところ苦手ですが、足場がしっかりしていれば
全然大丈夫な私達・・

DSC01995_20130416232409.jpg

向いにある山々が綺麗なこと・・ところどころ
山肌が見えるのは昨年の台風で土砂崩れが発生している部分です。

高い山でまだ寒いのか桜も満開・・とても綺麗な境内です。

DSC01996_20130416232614.jpg

そして、境内ではお茶のサービスがありとてもありがたかったです。
(お心付を入れる箱があったのでほんとのお心付を入れましたけど・・)
ありがたくお茶を頂戴して息を整え、心を静めてから参拝です。

DSC01997.jpg

樹齢約850年と推定される樟の大木があり、幹には人がなかに入れるほどの洞が・・

DSC01998_20130416233101.jpg

お次はすぐ隣の那智山青岸渡寺へ・・
私が知識不足なのでしょうが、この神様と仏様がお隣同士って
何なんでしょうねぇ・・すごく不思議です。
ちょっと調べてみると・・にゃるほど・・→

DSC01999.jpg

この那智山青岸渡寺は西国三十三か所の第一番札所です。
豊臣秀吉が再建をしたお寺とあってご立派でした。
国の重要文化財だそうです。

私の田舎ではお葬式のときに「ご詠歌」なるものをあげるのですが
この「ご詠歌」のトップバッターが那智山青岸渡寺です。
ここだったのね~

ただ、神社のすぐ隣のお寺・・一歩踏み入れたとたん、なにか結界を
通りすぎた感じで全然違う空気?霊気?というか、なにかしらの
「気」を感じてしまった私・・ヘンに心が落着きしっくり
きてしまいました。

うむ・・宗教心なんてこれっぽちも持ち合わせていない私ですが
やはり、毎日お仏壇には手を合わせているせいか・・やっぱり
仏教徒のDNAが流れているのか・・すごく不思議な感覚・・
神社に訪れるときはこうも心が落ち着くことはありません。

那智山青岸渡寺ではご先祖さんのご供養もかねてお線香を
買ってお供えしました。宗派は違うけれどまぁここは
なんちゃってな私・・

しっくりと心が落ち着いたところでようやく本命の滝に向かいます。
その前に那智山青岸渡寺の三重塔・・すでに塔に登る気力はナシ。

DSC02004_20130416234253.jpg

見上げるだけ・・(^_^.)それよか、滝っ!お天気もよかったので
本当に綺麗でした。しばし、感動・・

DSC02003_20130416234853.jpg

ここまで来ると、さきほどのわけのわからない「気」みたいなものは
不思議と綺麗さっぱりなくなっていました。

この時点で、その遠くに見える滝に辿り着くにはまだまだ歩かねば
ならぬ・・とようやく理解ができた私達・・(@_@。
駐車場に戻って、車で滝のところに移動するにもあの階段を
降りねばならず・・すでに三重塔のところから那智大社までも
かなりの登り道・・(^_^.)そう・・戻るも地獄・・進むも地獄・・
なら、やっぱり前進でしょう!と突き進む私達・・前向きな性格です。

滝に向かって今度はズンズン下りの行程・・こっちが近いよね・・
と選んだルートはトホホ・・まさに熊野古道・・

DSC02006_20130416235528.jpg

凸凹の石・・また・・石・・石・・

DSC02007_20130416235529.jpg

もう。。((+_+))大変・・登りより下りの熊野古道・・恐るべしです。
段にはなってはいるものの石はいびつで好き放題の形で
歩くのが大変・・ひっくりかえらないように必死に一歩一歩
下る・・下る・・足元を見るのに必死で周囲の景色を見る
余裕はゼロ・・

ようやく、最初に車で辿り着いた滝の下の駐車場に着いたときには
もう足がガクガクな私たち・・でも・・滝に辿り着くには
まだ、下りの石段を降りなければならない((+_+))
ここまでくれば、リタイアするわけにもいかずまたまた石段を
下りに下りました。

ようやくたどり着いた疲労神社・・いや飛瀧(ひろう)神社・・
那智の滝ってこの神社の御神体なのよね・・やっとたどり着いた・・・
もう神社の写真撮る余裕がなかったと見えて撮っていません。

そして、ようやくまじかに見る那智の滝・・
ええーーーーー!?なんと無粋な・・その御神体の前には
クレーンがぁ~(@_@。昨年の台風12号の被害があったらしくその復旧工事でした。

DSC02008.jpg

ならば、そのクレーンが見えない御滝拝所にここまで来たら行かねば・・
300円を支払って、今度はまた登り道・・もうこの時点では神も仏も
ぶっとんでいた私達・・

やったーーー!ようやく念願の那智の滝!迫力があります。

DSC02012_20130416234254.jpg

風が吹くとまた、滝の水の流れが変わったり、色も変わったりと
素敵です。しばしマイナスイオンをいっぱい浴びて休息・・
というかもうクタクタ・・動きたくもない・・

その後は当然ながら来た道の石段を登り、車道に出て
一番上の駐車場までガクガクしている足を引きずりながらも
テクテク歩いて車の元へ・・

いやぁアスファルトの道がこんなにも歩きやすいのかと感動・・
駐車場脇のお土産物屋さんでソフトクリームを買って、ベンチに
ベッタリ座ってエネルギー補給をしました。

なんでもないお土産物屋さんのソフトクリームは極上の
お味だったのは言うまでもありません。
とりあえず、ヘトヘトになりましたが熊野三山制覇いたしましたぁ~

そして、最初にシニアの方達が持ってた杖・・
あれはよいですね(^_^.)
どうやらバスツアーでこられた方達にはツアー会社がバスに積んで
持ってきているみたいでした。あと、現地でも貸してもらえるカンジ
でもありました。←これ以上追及する気力がなかった・・

あら・・今日も随分長くなっちゃいました。スミマセン長々と・・
本当は旅行の記事は今日でおしまいにしようと思ったのですが・・
終わりそうもないので明日に続きます。明日で終了しないと
現実の生活もいろいろあるし、書くことがいっぱいあるし・・

なにしろギリギリ生活・・日々いろいろありますから・・
では、また明日に・・
長い記事におつきあいありがとうございました。

<追伸>
鍵付きコメントをいただいた方へ
結構、脚力には自信がある私ですがアップダウンと
足場が悪いとなるとこれは別物だとよくわかりました。
下りは登りの3倍の負担なのですかぁ・・これも納得です。
あの下りに比べれば登りの階段なんぞとっても楽でしたから!

そうそう、駐車場・・滝の前のカーブの無料駐車場ありました!
空いていたのですよ~なのになんとなくスルーした私達・・
あとから、あそこがベストだったんだぁ・・とわかる始末でした。
まぁこれも旅の醍醐味・・数々友人とはいろんな珍道中を
しておりますが、またひとつ大笑いのネタができました。
たぶん、歳をとってからも楽しく語り合えると思います。
まだ明日も続くのでお付き合いくださいませ。

今日もこんな私にポチッポチッとお願いいたします。
おかげさまでなんとか踏ん張れております


にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック