四十路の零細個人事業主・・現在に至るまで・・

2007年に770万ちょいの借金でついに首がまわらなくなり、 任意整理をして
借金総額500万ちょいに圧縮・・

その後も山あり谷ありしながら、合計8社に月々78000円を 返済するも、
借金残高180万チョイのところで2011年9月についに力尽き・・2度目の
弁護士登板・・その後、月々の返済額が半額になるように交渉を
してもらい・・

結果・・少額の残債があった1社は完済。
あとは、月々の返済は半額に近い額に落着き2012年2月より またまた返済をスタートしています。長い長い返済ロードはまだまだ続きます。
2度も任意整理やってる人はそうもいない・・返済途中で苦しい方参考にしてください。
それでも、それでも・・
何度も何度も、もうダメだ・・と潰れそうになりながらも、なんとか普通の人の
フリをして諦めずに生きております・・でも、完済は絶対します・・

※1度目の任意整理に至るまではカテゴリ「任意整理と弁護士」を
ご覧ください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/category5-2.html

※1度目の任意整理着手後はカテゴリ「任意整理着手」をご覧ください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-17.html
※2度目の任意整理はカテゴリ「任意整理後支払不能」をご覧ください。
任意整理それでも払えないときの対策(1)~(3) http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-466.html

そして・・それでも四苦八苦していた2013年の秋・・
善意あるお知り合いに債務先8社分の残額をまとめて
お借りし返済。←とりあえず完済。気持が楽になりました!
3度目の任意整理をしたような形です。
その詳細はコチラをごらんください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-847.html


おかげさまで2017年5月にすべて完済できました!



ここ2週間の間に読んだ本・・
その1
越境者 松田優作 (新潮文庫)

NHKで松田優作の特集をやっていて
ちょっと詳しく知りたくて図書館でゲット
好きな俳優さんでした。

その2
日本経済の真実―ある日、この国は破産しますと その3四十路越え!

まったくもって関連性がない(#^.^#)

その2のほうは随分前に図書館に予約を入れて
おいたものがようやく回ってきました。
関西では人気のアナウンサーですからね。

で、中身はというと人気のほどでもなかった
です。ただ、これは辛坊さんの考えなので
賛否両論はでてくるだろうなぁと・・
別の意味でGDPだの日銀だのとまぁ
経済の復讐もできます。あまり真正面から
鵜呑みにはできない部分もあるかな・・

ただ、筆者が言う
・日本を滅ぼす5つの「悪の呪文」には私は同感・・
その中のひとつ・・
「経済の豊かさより心の豊かさが大切」
これは綺麗ごとだよなぁ・・
最低限の衣食住が整わなければ(お金がなければ)
心の豊かさなんぞ持てないっつーの・・

これもまぁバランスの問題なのだろうし
いろいろないろいろな考え方があるだろうけど
私は一票!・・お金ないとホント心の余裕なんて
持てないもの・・
夢で飯は食えないと思う派なので・・

次にその3・・
日曜日に新聞の書評で見かけて、
なんだかどんよりと抑圧された気分だったので
おっ・・「痛快」な気分になれるかも・・と
アマゾンで久々即買いしてしまいました。

新聞に著者の写真が載っていて「湯川れい子」って
こんな顔だったかしら?????音楽評論家じゃなかったっけ?
んん?それより50歳ってそんなに若かったっけ??
と思っていたのですが
本が到着してよくよく著者名を見ると
「湯山玲子」でした(笑)あはは・・えらい勘違いです。
湯山さん・・失礼をいたしました<(_ _)>

あっという間に読める本でしたがまぁ並みの「痛快」
って感じです。前半の恋愛&セックスに関しては
ともかくでしたが、後半の健康、ファッション、仕事に
関してはまぁおもしろかったです。
偶然にもだったのですがSex And The Cityが好きな女性を
意識して書いた感じもありかなぁ・・
文中によく出てきました。

私自身が思ったことをズバズバ言う人間で
この自分の「地」をそのまんますべて出して
今の日本の仕事社会で生きていくとなると
自殺行為なってしまう。

よって、いつも言いたいことの半分は黙って
なんとかやりすごしているのですが
(自分がそう思っているだけでそれでも
結構言いたいこと言っているらしいが・・)
徐々に抑圧感がたまってくるんですよね・・

で、たまに私的に言えば「痛快本」を読みたく
なるのですよね。バブルを知っている人が著者って
のもマルなのかも・・
バブルってネガティブイメージで今は語られるけど
あれはあれで楽しかったもの・・
もっと明るく「バブルって最高っ!(だった・・)」
って言ってもいいんじゃないか?事実じゃん!
なんて思ってしまう私・・結果はどうであれね・・(笑)

うーーん・・私って実は・・もっとバタバタと
動き回っていたい人なのかもですね・・

今は動きまわると経費がかかるから
静かにしてるっていうのが事実かも・・です・・

この本の中に書いてあった
「不健康を逃げ道にしない」って言葉・・

うふふ・・まさしくです・・本はそうは
言っていなかったけれど・・

私の場合はもう年だし、疲れやすいしやめておくわ・・
という逃げはお金がないからなんですけどね。
年だから・・がよいカモフラージュなっています。
本当は年だからじゃなくって
お金がないから・・なんですよね・・

次に、今日会った友人にこの本の話をしたら
友人は今これを読んでいると・・アンタも読めば?
とお勧めが・・これ・・
沈黙入門 (幻冬舎文庫)

「何かと一言私たちって多いじゃないのさ・・
聞かれてもいないことをペラペラしゃべったりね・・
この本に書かれているのはまさしく私なのよねぇ・・」
と友人・・話を聞いてみると・・た・・確かに・・((+_+))

うむ・・結構、耳が痛い本かも・・いや目が痛い?!
なんやらこの本とはまったく逆のポジション取りを
している感もあります。

たまには戒めのために私も読んでみようとは
思いますが、アマゾンで即買いはできていません。
「痛快」気分にはなれそうもないから・・

今日もこんな私にポチッポチッとお願いいたします。
おかげさまで励みになっています。


にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック