四十路の零細個人事業主・・現在に至るまで・・

2007年に770万ちょいの借金でついに首がまわらなくなり、 任意整理をして
借金総額500万ちょいに圧縮・・

その後も山あり谷ありしながら、合計8社に月々78000円を 返済するも、
借金残高180万チョイのところで2011年9月についに力尽き・・2度目の
弁護士登板・・その後、月々の返済額が半額になるように交渉を
してもらい・・

結果・・少額の残債があった1社は完済。
あとは、月々の返済は半額に近い額に落着き2012年2月より またまた返済をスタートしています。長い長い返済ロードはまだまだ続きます。
2度も任意整理やってる人はそうもいない・・返済途中で苦しい方参考にしてください。
それでも、それでも・・
何度も何度も、もうダメだ・・と潰れそうになりながらも、なんとか普通の人の
フリをして諦めずに生きております・・でも、完済は絶対します・・

※1度目の任意整理に至るまではカテゴリ「任意整理と弁護士」を
ご覧ください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/category5-2.html

※1度目の任意整理着手後はカテゴリ「任意整理着手」をご覧ください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-17.html
※2度目の任意整理はカテゴリ「任意整理後支払不能」をご覧ください。
任意整理それでも払えないときの対策(1)~(3) http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-466.html

そして・・それでも四苦八苦していた2013年の秋・・
善意あるお知り合いに債務先8社分の残額をまとめて
お借りし返済。←とりあえず完済。気持が楽になりました!
3度目の任意整理をしたような形です。
その詳細はコチラをごらんください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-847.html


おかげさまで2017年5月にすべて完済できました!



昨日書いていた「定位置」・・

これって書くと簡単なのですがアバウトな私には
この定位置に物を置くってことがなかなかできない。
いつも決まった行動をとるのが苦手。病気レベル(^_^.)

自分が座っている今のテーブル回りだとなんとか
できるが、ちょっと立ち上がって隣の部屋とか
台所に置いておかなくちゃいけないものとか
2階の部屋に持って上がらなくちゃならないものとか・・
買ってきた生活消耗品とか・・定位置に置くことを
すぐ忘れ去ってしまう・・そうやる気はあっても失念していまう。

ならば・・と考えたのが「ついでに」作戦(笑)
例えば、居間で何気に脱ぎ捨てた靴下。
洗濯機の横のカゴに入れなくちゃいけないのだけれど
なかなか立ち上がらない・・立ち上がれないワタクシ・・(^_^.)

でも、いつかは立ち上がる。トイレにも行く。
ということで座ったまま部屋の出口に向かって靴下を
投げておく!(笑)お行儀悪いけれど誰にも迷惑かかんない~

すると、嫌でも次に部屋を出る時に靴下が転がっているワケで・・
拾い上げて部屋を出るしかない。洗濯カゴに入れるしかない。
バッグの中に入っていた使用したハンカチも同じく。

こんな感じで、嫌でも持って歩けるように自分をしむける。
読み終わった新聞も定位置があるのでその方向に
つつーーっと放り投げておいて立った時についでに定位置に・・
2階の本棚に入れる本は階段に・・
寝室で使用する洗濯済のシーツ類も階段に・・

要は立ち上がって部屋を移動するときは
「ついでに持って移動するものはないか~?!」と必ず
見回すようにしています。

トイレットペーパーも買って帰ってきたら
すぐにトイレの中の定位置に持っていけばいいのに
別のところにとりあえず放置していつまでたっても
トイレの中に持っていけない。
次にトイレに行くときになんて思っていても120%忘れます。
だから、買い物から帰ったらすぐに廊下のトイレに行く
ルート上にドカンと置いておきます。
次にトイレに行くときは嫌でもトイレに持参・・

ルールは家の中を移動するときは手ぶらで歩くな!です。
なにかしら持って歩いています(笑)

わざわざ、物を定位置に戻すための行動がなかなか
できない私には効果的・・

しかし・・どこまでモノグサなんだ・・誰しも普通にできていること
なんだと思うけれど、モノグサにはモノグサなりの方策。

さて、ようやく1年のうちで一番嫌いな2月が終了です。
明日からは3月。少々忙しい日々になりそうです。

今日もこんな私にポチッポチッとお願いいたします。
毎日の励みになっております。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ




スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック