FC2ブログ
四十路の零細個人事業主・・現在に至るまで・・

2007年に770万ちょいの借金でついに首がまわらなくなり、 任意整理をして
借金総額500万ちょいに圧縮・・

その後も山あり谷ありしながら、合計8社に月々78000円を 返済するも、
借金残高180万チョイのところで2011年9月についに力尽き・・2度目の
弁護士登板・・その後、月々の返済額が半額になるように交渉を
してもらい・・

結果・・少額の残債があった1社は完済。
あとは、月々の返済は半額に近い額に落着き2012年2月より またまた返済をスタートしています。長い長い返済ロードはまだまだ続きます。
2度も任意整理やってる人はそうもいない・・返済途中で苦しい方参考にしてください。
それでも、それでも・・
何度も何度も、もうダメだ・・と潰れそうになりながらも、なんとか普通の人の
フリをして諦めずに生きております・・でも、完済は絶対します・・

※1度目の任意整理に至るまではカテゴリ「任意整理と弁護士」を
ご覧ください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/category5-2.html

※1度目の任意整理着手後はカテゴリ「任意整理着手」をご覧ください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-17.html
※2度目の任意整理はカテゴリ「任意整理後支払不能」をご覧ください。
任意整理それでも払えないときの対策(1)~(3) http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-466.html

そして・・それでも四苦八苦していた2013年の秋・・
善意あるお知り合いに債務先8社分の残額をまとめて
お借りし返済。←とりあえず完済。気持が楽になりました!
3度目の任意整理をしたような形です。
その詳細はコチラをごらんください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-847.html


おかげさまで2017年5月にすべて完済できました!



すでに2月が始まっています。
2月っていつになくあっという間に過ぎ去っていくのよね。

1年を通して1月、2月は比較的、仕事が少ないワタクシ。
そーなると、正体がわからない「焦り」に追っかけられている
気分に陥りなんだかゾワゾワ・・これでいんだろうか??なんてね・・

そーなると、逆に何事にも手をだすが億劫なり
モタモタしてしまう。寒さのせいもあるある・・
そして、結局、何もしないまま2月は逃げ去ってしまう。
そして、あぁ・・2月は私は何をしていたんだろう・・
あれだけ時間があったのに・・とグズグズ思ったりする。

今年の2月はこれやめます。
あれも、これもしなくちゃと思うのはやめよう。

のーーーんびりするっ!に限る。自分がやりたいことだけやる。

いや、仕事をしないってわけではないのですけどね(^_^.)

時間があるうちに何かしなくちゃいけないんじゃないか?!症候群に
陥るのはやめようと決めただけ。いいではないの自発的冬眠っ!
やる気がでない仕事のための「●●すべき」ことは排除。

悲しいかな零細事業主は猛烈に忙しい時はもうこんな
仕事の仕方はやめようと思うものの、少しヒマになると
このまま仕事がなくなったらどーしよう・・
と、怖くなるんだよね・・貧乏ヒマなし。時間貧乏。

うーーーん・・今年はこのパターンから脱出したいと思っています。
これからの自分の仕事へのスタンスや方向を
見直したりをユルユル気ままにやろうかと思っています。

寒いし気の進まないお誘いは断り、自分が行きたいと思うもの
だけに出向くことにしよう。

せっかく、ゆっくりできる時間を正体不明の「焦り」にばかり
奪われるのは悔しい・・・
ガツガツやっても年収が倍にならないってのは明白。
そろそろ仕事の仕方を少しずつ変えていかないといけない
時期にもきているような気もする。

この・・・ような気がする・・ってかすかな感覚は零細事業主には
結構大事なんだよね。
頭が固くなって同じ方向ばかり見ているような思考回路に
なっているような気がします。

しかし、今までよくやってこれたもんだわ・・(笑)
いったい、いつまでやっていけるんだろうね・・なんてことを考える
年頃になったってことでもある(^_^.)

明日は節分・・立春・・ですが春はまだ先のようです。
2月は頭の柔軟体操をして過ごしたいと思います。

今日もこんな私にポチッポチッとお願いいたします。
毎日の励みになっております。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック