四十路の零細個人事業主・・現在に至るまで・・

2007年に770万ちょいの借金でついに首がまわらなくなり、 任意整理をして
借金総額500万ちょいに圧縮・・

その後も山あり谷ありしながら、合計8社に月々78000円を 返済するも、
借金残高180万チョイのところで2011年9月についに力尽き・・2度目の
弁護士登板・・その後、月々の返済額が半額になるように交渉を
してもらい・・

結果・・少額の残債があった1社は完済。
あとは、月々の返済は半額に近い額に落着き2012年2月より またまた返済をスタートしています。長い長い返済ロードはまだまだ続きます。
2度も任意整理やってる人はそうもいない・・返済途中で苦しい方参考にしてください。
それでも、それでも・・
何度も何度も、もうダメだ・・と潰れそうになりながらも、なんとか普通の人の
フリをして諦めずに生きております・・でも、完済は絶対します・・

※1度目の任意整理に至るまではカテゴリ「任意整理と弁護士」を
ご覧ください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/category5-2.html

※1度目の任意整理着手後はカテゴリ「任意整理着手」をご覧ください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-17.html
※2度目の任意整理はカテゴリ「任意整理後支払不能」をご覧ください。
任意整理それでも払えないときの対策(1)~(3) http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-466.html

そして・・それでも四苦八苦していた2013年の秋・・
善意あるお知り合いに債務先8社分の残額をまとめて
お借りし返済。←とりあえず完済。気持が楽になりました!
3度目の任意整理をしたような形です。
その詳細はコチラをごらんください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-847.html


おかげさまで2017年5月にすべて完済できました!



先週の金曜日・・

これに行ってきました。

日経プレミアムセミナー in 京都
林真理子氏講演会
「『愉楽にて』・『西郷どん』のこぼれ話」

昨年、申し込んでおいたら応募多数の場合は抽選とあったけれど
年末にめでたく参加票のハガキが送られてきました(^_^.)
超満員だったのでたぶん抽選だったんだろうと思う。
相変わらずのくじ運の良さを発揮です。

実は昨年の今ごろより、諸般の事情により日経新聞を
購読しています。

新聞代高いんだけどね・・自分への投資。
別に投資や株をやろうってわけではないんです。
(そんな元手がほしいもんだわ)

ただ、長年とっていた某全国紙の記事がちょっとここ数年
おもしろくない・・余分なことばっかりがのってるし、広告が
多すぎ!もうちょっと経済界のことを知りたいなぁと思ったので
おもいきって日経にチェンジ・・なかなか読みごたえがあります。

その朝刊に昨年9月から連載されている「愉楽にて」という小説。
あはは・・おもしろいのよ。昭和バブルを彷彿させるストーリー。

おいおい・・朝からこんな内容で世のオジサマ達は大丈夫か?
いや、俺もまだまだと今日も頑張る!となるのかしらん?なんて
オバサマはぐふふ・・となっていました。

つーか・・確かに中年ウケはするだろうけれど・・これから先に
もっと若い人の購読者を増やそうとおもえばこれはアカンだろうに・・

渡辺純一の『化身』『失楽園』『愛の流刑地』と同類・・
若き頃かなり渡辺純一にはハマりかなりの数を読破しています。

そして、そのうちにこの「愉楽にて」は話題になるだろうなぁ・・
と思っているとネットではチラホラと話題が・・やっぱりね・・

そーこうするうちに今年からはNHK大河の「西郷どん」が
放映され、その原作者も林真理子さん。
今年は彼女の当たり年となりそうですね。

そんな流れでの講演会でした。林真理子ファンの友人と出向いて
きました。女性の林真理子ファンは多いですが私は彼女の著書は
数冊読んだ程度・・

講演はあの独特なお話の仕方はテレビのまんまでしたが
話はツボを離さず、おもしろいながらも深く丁寧な内容。
話の内容がしっかり伝わります。
お喋りの勢いだけで凄いと思わすテクニックじゃないから
本物だわ・・

渡辺純一先生につねづね恋愛小説を書けと言われていての
今回の「愉楽にて」だったらしいです。やっぱり・・

もうちょっとチャラチャラ?!したお方だと思っていましたが
かなり、硬派な脳ミソをお持ちでキレ味がよい!
ひとつの小説を書くのにかなりの調査、取材もされるんだ・・
そりゃそーだ・・頭がよくないと書けないわ・・

いやぁ・・・チャラチャラなんて思っていて本当に失礼いたしました。
あの容姿がへんなイメージを抱かせているんだなぁと・・
でもね、昔よりあか抜けて、お肌もとても綺麗だった・・
(お金かけてんなー・・前から3列目で聴講してた)

まさにザ・小説家の先生という感じでした。
小説家・・実は子供の頃から私がなりたいと思っていた職業です。
現実は厳しい・・

彼女の著書をこれからをボチボチと読もうと思った次第。

そして、明日の朝の日経新聞の朝刊も楽しみ・・ぐふふ・・

今日もこんな私にポチッポチッとお願いいたします。
毎日の励みになっております。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック