FC2ブログ

絶対セレブに復活するぞ!借金~任意整理~返済  最初の第一歩

2017年5月10日にやっとこさ借金完済しました!

遅ればせながらの事始め・・

Posted by 猫の目くるくる on   0  0

ジリジリと日常が始まっています。
仕事場の電話が鳴り、その電話によってワラワラとする毎日が
スタートしています。今日も電話が多い。

そんな中、今日の夜は遅ればせながらの事始め・・
今日は仕事が終わってからペン習字を習いに行きます。
今年は書くのよ・・書く・・(^_^.)

オホホ・・・5●歳の手習いです。

ずーーーと自分の書く字にコンプレックスがあります(-_-)
いわゆる悪筆。それに加え、仕事でパソコンを使用するように
なってからはその悪筆にますます磨きがかかり、書こうと思った字が
なかなか書けない・・ヘンテコな字が出来上がります。

ミーティングや会議などの板書さえ今はプロジェクタを使用し
PowerPointを使用なので書くこともほぼないし・・
よって、たまに板書しなければならないときは
うまく逃げて誰かに書いてもらったり・・こういう要領だけはよい(笑)

一方、成人すると芳名帳に記帳をしなければならない
シュチュエーションも多く、そのたびに絶望的な気分を味わうことに・・
私の前に書いた人が達筆だと、あっ私はもうちょっと後で
書きますと消えたくなります。←現実はそうもいかない・・

メモ書きひとつでもサラサラと綺麗に書く人を
眺めてはタメイキをついていた私・・

なんとかせねば・・と思いながら何年たったか・・
確かもっと若いとき(10年以上前)に通信講座に挑戦するもあえなく挫折・・
この性分、通信講座なんて無理にきまっている。バカな私・・

書道の経験は小中学校の授業のみ。
その昔子供のお稽古のスタンダードだった書道にも行っていません。
子供のときにピアノを習っていましたが、ピアノが嫌で書道を習うから
ピアノを辞めさせてくれと騒いでも、すでに私の逃避癖を見抜いていたのか
祖父母は完全スルー(そのおかげかピアノはかなり長くやりましたが・・)

ピアノの代わりに習いたいと言ったものの
そもそも書道はあまり好きではなかったので
(単に毎日のピアノ練習とスパルタ先生から逃げたかっただけ・・)
当時の祖父母の判断は正しかったと思われる(笑)

小中学校の書道の時間も超退屈で嫌いでした。
だいたい、墨汁という便利な物があるのになぜだか墨汁使用禁止で
授業の始めはクラス全員が一心不乱に墨をすらなければならない。
これが嫌で嫌で・・手も汚れるし・・ガサツなやつは墨飛ばすし・・
水汲んできてゴシゴシやるのが超メンドクサイっ!
あぁ・・子供の頃からモノグサ・・
墨をするという行為が精神修行にでもなると思われていたのかしらん・・
最初だけ普通はこうやって墨をするのですよーと教えるだけで
よいのに・・修行的なものは今でも苦手です。

そんなこんなで気が付けば人前で字を書くのが非常にツライお年頃に
なってしまいましいた。
長い年月の間に便利な筆ペンなんかが登場したのでもう墨はすらなくて
よいだろうし・・(^_^.)

こんな感じなので自分1人では継続は絶対無理。
私と同様に字が書けない幼馴染と傷をなめ合いながら
一緒に行きます。

このペン習字のお稽古、まずは自分の住所、氏名を書けるように
しましょうというもの。そーです!これだけで十分なのだ。
とりあえずこれだけが人並みに書けるようになれば・・
お稽古のお値段もかなりお安い・・

お稽古と言ってもかなりユルいもので大体月1回ペース。
週1なんて最初から張り切っても仕事をフルタイムでやっている
人間は継続が困難。

だいたい、一緒に行く友人ともお互い仕事をしているので
月1回会えるかどうか・・まずは月1顔を合わせてお喋りする
つもりで字を習得という、どこまでもユルく自分達に甘い設定で
スタートします。

さて、どーーーーーなるやら・・
住所、氏名の前に筆の持ち方から教えてもらわないと
いけない・・なんだか今から先生に申し訳ない・・(-_-)

とにかく自分を諦めずにやっていくとします。
ユルくても、どんな形でも継続あるのみ・・

今日もこんな私にポチッポチッとお願いいたします。
毎日の励みになっております。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

スポンサーサイト

猫の目くるくる

五十路、独身女、個人事業主。 40過ぎのときに、まぁいいやなんとかなるさ、と放漫経営・放漫生活の結果、任意整理をしても500万以上の借金。 紆余曲折苦しみながらも2017年5月にすべて完済。その後、なんとか日々、心の余裕を持って楽しく暮らしたいと思いつつ、ゆるく生きています。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://catwalk1992.blog121.fc2.com/tb.php/1377-a490d0a7
該当の記事は見つかりませんでした。