FC2ブログ
四十路の零細個人事業主・・現在に至るまで・・

2007年に770万ちょいの借金でついに首がまわらなくなり、 任意整理をして
借金総額500万ちょいに圧縮・・

その後も山あり谷ありしながら、合計8社に月々78000円を 返済するも、
借金残高180万チョイのところで2011年9月についに力尽き・・2度目の
弁護士登板・・その後、月々の返済額が半額になるように交渉を
してもらい・・

結果・・少額の残債があった1社は完済。
あとは、月々の返済は半額に近い額に落着き2012年2月より またまた返済をスタートしています。長い長い返済ロードはまだまだ続きます。
2度も任意整理やってる人はそうもいない・・返済途中で苦しい方参考にしてください。
それでも、それでも・・
何度も何度も、もうダメだ・・と潰れそうになりながらも、なんとか普通の人の
フリをして諦めずに生きております・・でも、完済は絶対します・・

※1度目の任意整理に至るまではカテゴリ「任意整理と弁護士」を
ご覧ください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/category5-2.html

※1度目の任意整理着手後はカテゴリ「任意整理着手」をご覧ください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-17.html
※2度目の任意整理はカテゴリ「任意整理後支払不能」をご覧ください。
任意整理それでも払えないときの対策(1)~(3) http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-466.html

そして・・それでも四苦八苦していた2013年の秋・・
善意あるお知り合いに債務先8社分の残額をまとめて
お借りし返済。←とりあえず完済。気持が楽になりました!
3度目の任意整理をしたような形です。
その詳細はコチラをごらんください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-847.html


おかげさまで2017年5月にすべて完済できました!



今日は比較的暖かかったのでお墓掃除に行ってきました。
そう・・先月、ふと思い立ってお墓まいりに行った途端に
グズグズとなかなか進展していなかった税務署問題が一気にクリア。
これって、今だに不思議なんだよね・・

なぜにあれだけゴタゴタしていたのに急転直下終了になったのか・・
本当はなぜですかね?!なんてあれこれ聞きたかったけれど
もう1秒たりとも税務署にいたくなかったからそそくさと帰って
きたから謎のままです。

やっぱり、これはお墓詣り効果?!か?!
というわけで、お礼まいり?!もかねて年末のお墓掃除に・・
年末だからね・・(^_^.)

ここのところ1人で墓掃除をしているので色々慣れてきて
段取りよく黙々と・・
すると、今日はめずらしく墓地に人影が・・
どうやら法要があったらしくお寺の住職さんならびに
そのご家族がドヤドヤと来られてお墓の前でお経を
あげられていました。

ちなみに我が家のお墓はお寺の敷地内にあるのでは
なく、お寺さんから5分ほど車を走らせた山の斜面にあります。
田舎だからね・・

しばらくすると、住職さんとそのお家の方が
「こんにちは。ご苦労様です。木が落ちてきていませんか?」と
お声をかけにこられました。

我が家のお墓のすぐそばにそれはそれは大きな桜の木
があって(大人2名でも抱えられないくらいの幹の太さ)
それがついに枯れて朽ちてきているのです。
その朽ちた木々が台風や雪のたびにあちこちにぶっ飛んで
るのです。今日もその小さな残骸を片付けたりもしていました。
山の中の墓は大変・・((+_+))

実はこの住職さんは先代住職の息子さん。たぶん私と同世代と
思われる。はじめてお顔を合わしました。
実際は祖母が亡くなったとき、住職さんのついてきていたけれど
全然存在感がなかったので記憶にない。

先代住職さんはよく知っていたのですが
3年ほど前に亡くなられています。

そんなこんなで、はじめて会うも同然の住職さんでしたが
我が家のことは(家族構成も含め)頭にインプットされているようで
ちょっとビックリ・・(^_^.)
なにせ、先代住職さんはちょっと頭が高い(失礼!)な人だったので、
その息子さんの腰の低さにびっくりました(^_^.)
まぁねぇ・・これからのお寺経営は大変だもんね・・

多分・・その法要をされていたご家族は
我が家の祖父母やそのご先祖さんのことを
よく知っている人だったのかもしれません。

そこそこ広い山の中の墓地。
同じお寺の檀家というくくりだけなのですが
お盆やお彼岸は知らない人でも皆、見知ったような
感じで挨拶が交わされます。

さすがに私の母は知っている人がいるみたいですが
私と弟はそのお墓やお寺がある集落には
全く縁がありません。

なのになーーんとなく皆が感じている縁・・みえないご縁・・
不思議な身内感・・(^_^.)
子供のころから、お墓まいりのたびにお墓では誰に会っても
キチンと挨拶するように、それはそれはウンザリするほど
言われていたってのもあるので自然と挨拶の言葉が出てきます。

掃除を終えて停めていた車のところに戻ると、
法要をされていたご家族と一緒になりました。
さきほど挨拶をしてきたオジサンが
「年末の忙しい時にご苦労さんです。なかなかできんことです。
さぞや喜んだはると思います。どうかお気をつけて・・」
と声をかけられました。たぶん地元の集落の方だと思います。

新ご住職さんも車の運転席の窓をあけて
「ご苦労様です。お気をつけて~!」と声をかけてくれました。

なんだかほのぼのとした、クリーンな気持ちになりスッキリ・・

我が家のご先祖さんが脈々と築きあげてきた見えないご縁の
クリスマスプレゼント?!なのかもしれません。

考えてみればバリバり仏教徒なんだよね・・
なのに、なぜだかクリスマスな年末をおくっている
今日のお話でした(^_^.)

家に帰ると、玄関にはクリスマスモード全開の花の飾りが
お出迎えの我が家でした(^_^.)
そして、クリスマスすぎれば当たり前のように
初詣なのよね・・(^_^.)

今日もこんな私にポチッポチッとお願いいたします。
毎日の励みになっております。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック