四十路の零細個人事業主・・現在に至るまで・・

2007年に770万ちょいの借金でついに首がまわらなくなり、 任意整理をして
借金総額500万ちょいに圧縮・・

その後も山あり谷ありしながら、合計8社に月々78000円を 返済するも、
借金残高180万チョイのところで2011年9月についに力尽き・・2度目の
弁護士登板・・その後、月々の返済額が半額になるように交渉を
してもらい・・

結果・・少額の残債があった1社は完済。
あとは、月々の返済は半額に近い額に落着き2012年2月より またまた返済をスタートしています。長い長い返済ロードはまだまだ続きます。

それでも、それでも・・
何度も何度も、もうダメだ・・と潰れそうになりながらも、なんとか普通の人の
フリをして諦めずに生きております・・でも、完済は絶対します・・

※1度目の任意整理に至るまではカテゴリ「任意整理と弁護士」を
ご覧ください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/category5-2.html

※1度目の任意整理着手後はカテゴリ「任意整理着手」をご覧ください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-17.html

そして・・それでも四苦八苦していた2013年の秋・・
善意あるお知り合いに債務先8社分の残額をまとめて
お借りし返済。←とりあえず完済。気持が楽になりました!

その詳細はコチラをごらんください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-847.html

その後、2014年の2月よりおまとめしてくださった方にユルユルと返済を
継続しております。で、まだまだ借金はありますので完済をめざす
ゆるいファイティングポーズはとり続けております。


今日は朝から雨模様。時にかなりな土砂降り。
まるで私に家に引き籠って仕事にじっくり取り組めと
いわんばかりの空模様。
朝からモタモタと仕事しつつ・・今日は集金係の仕事あり・・

知らなかったのですが自治会の役員になると自動的に
地域コミュニティの役員の末端に据えられるようで・・
とあるイベントの協賛金の集金を数軒頼まれました。

例年通りという慣例のもと協賛をしてくれる個人・商店・会社に
集金をしなければなりません。

今日はそのうちの1軒のお宅にお伺いして協賛金をいただく
予定がありました。

突然、訪問するのも失礼なので数日前に会社の方に電話をしたら
「あぁ~あはは・・今年もね・・わかりました自宅の方が近いから
来てくれたらいいよ・・去年はいくらしましたっけね~」
というお返事だったので今日お伺いすることと訪問時間を決めて
電話を切りました。歩いてすぐのお宅だったので助かりました。
ただ、来るときには電話をしてほしいと自宅の電話番号を教えて
くれました。

でも・・そのときに直感的に歓迎されていないんだなー
って感じてしまいました。言葉は優しいし愛想はよいのですが
もう、協賛金やめたいんだよな~っていう空気が・・

あはは・・私もね前の仕事場のときこの手の協賛金をよく
頼まれて1回だけっていう感じでお金払ったこともあってね・・
地域のことだから断るのもはばかられるのですが懐事情もね・・
だから、この空気よくわかるんだよな~

その会社も、会社とはいえそんなに大きく会社をやっている感では
ないし、その業種も今の時代は厳しいだろうなって思う業種。

長年、零細事業主としていろんな会社に出入りしたり
していると自然と直感的にその会社の勢いというか懐事情が
わかってしまうというへんな嗅覚が身についています。

おまけに、私もギリギリ生活を長年やってきているので
ギリギリ状態のときにこのような想定外の出費は
たまらないんだよ~((+_+))1000円もおろか100円も無駄にできない
ときがあるんだよね・・顔で笑って心では・・ってやつで・・
なんとなく空気でわかっちゃうんです。

てな感じで、一抹の不安?!みたいなものをかかえながら
お伺いする前に約束通り電話をすると・・・誰も出ない・・((+_+))
あれ~やっぱり?!と思いつつもあぁメンドクサイなぁ~とタメイキ。

しょうがないポストに協賛金のお願いの文書を入れておくか・・
と思いつつも、もう一度電話をしてみる・・やっぱり出ない・・

まっいいか・・歩いて数分のお家に文書だけポストに入れて
おこうと雨の中をテクテク・・

お家は大層立派なご邸宅。たしか15年ほど前に古い家が売られて
この綺麗なお家が建ってたよね・・
外からは外壁、門扉も高くて家は一切見えません。

普通の人ならばここで留守だときめこんで
ポストに文書を入れて帰ってくるんだろうけれど・・
これも直感でひょっとして家にいるんじゃないか?!と思い
インターホンを鳴らしてみました。

すると・・やっぱりねビンゴ!・・在宅してた!
「はい!」とすぐに出てこられました。
出かけていた風でもなし・・どーやら電話は出ない主義?!
だった模様(^_^.)

あぁ・・これね、私もねホントギリギリだったとき
よく居留守したもんだわ。あとちょっとのお金が足らなくて
新聞屋さんの集金をスルーしたことあったよな・・(^_^.)
ホントごめんね、新聞屋さん・・ないものはないんだもの・・(-_-)

出てきたオジサンは私が「電話したのですが・・」と挨拶をすると
電話がかかってきてたのも分かっていたようでしたが、
「すいませんねぇ~あはは・・」と笑いでごまかしながら
そんなことは完全スルーしてお財布を出しつつ・・
「いや~すみません。で、5000円でしたよね?お釣りあります?!」
と言われました。

とーぜん、私は事前に金額を言ってあったので領収書は用意して
いても、つり銭までは用意していず、また、つり銭を自宅に取りに
帰るハメに・・あはは・・5000円自宅にあってよかったぁ~(^_^.)
私も人のこと言えたもんじゃないからね。

そして、再びお伺いして無事協賛金を受け取りました。
でも・・さっき持って出てきてた財布じゃなくって
「すいませんね、裸のままで・・」とクチャクチャに4つに
折りたたんだ1万円を差し出されました。

なんだかなぁ・・お互いしんどいですよね。
協賛金払っている場合じゃないですよねこのご時世・・
やっておられる事業にはまったく見返りがない協賛金だし・・
と声をかけそうになってしまいました。
立派な門構えのお宅で中が見えなくても透けて見える懐事情・・
なんだか集金をするのがとても心苦しかったです。

もし、来年以降ご辞退される場合は遠慮なく言ってくださいね
とは言ったのですが、「あはは・・・」とスルーされました。
確かに言いにくいよね・・すみませんよけいなお世話(-_-)

毎年、当たり前のように安易に集める協賛金ってのも
ちょっと考えものです。昔のように右肩上がりの世の中じゃ
なくなって1年先も読めないような時代になってるしね。
「商売人=稼いでる」っていう図式はもう崩壊していると思う。

私も前の仕事場時代にこの手の協賛金を払ったことあったけど
結構、負担だったんだよね・・最後の方はは堂々と断ったけどね。
協賛金がなくてもできるようなイベントにすればいいのにな・・

私が住んでいる住宅地は外部からはいわゆる高級住宅地と
呼ばれていて、現実、医師、弁護士、経営者がたくさん住んで
いるみたいですが、近年は家を建てても数年で売りに出されている
お家が多く(競売にかかっているお家が多いです)
それがなかなか売れなくて空き家も多いです。
どこも大変なんだろな・・

当然、私も含めてですが、普通のフリしていても
ふとしたときに透けて見える現実があるんだよね。
それでも、この住宅地に住んでるんだというプライドを
持っている方も多く・・←何なんだろね・・

私もなんとか家だけは・・と踏ん張っている組なので
なんだかなぁ・・とちょっと切ない気分になった今日でした。
ギリギリ生活経験者は見えなくて良いものまで見えて
しまいます。
何がどおってワケじゃないけれど透けて見えるんだよね。

と、こんなこと書いてサボっている場合じゃないな。
頑張って仕事して明日からまた出張に出ます。

今日もこんな私にポチッポチッとお願いいたします。
おかげさまでなんとか踏ん張れております。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへにほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ



スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック