四十路の零細個人事業主・・現在に至るまで・・

2007年に770万ちょいの借金でついに首がまわらなくなり、 任意整理をして
借金総額500万ちょいに圧縮・・

その後も山あり谷ありしながら、合計8社に月々78000円を 返済するも、
借金残高180万チョイのところで2011年9月についに力尽き・・2度目の
弁護士登板・・その後、月々の返済額が半額になるように交渉を
してもらい・・

結果・・少額の残債があった1社は完済。
あとは、月々の返済は半額に近い額に落着き2012年2月より またまた返済をスタートしています。長い長い返済ロードはまだまだ続きます。
2度も任意整理やってる人はそうもいない・・返済途中で苦しい方参考にしてください。
それでも、それでも・・
何度も何度も、もうダメだ・・と潰れそうになりながらも、なんとか普通の人の
フリをして諦めずに生きております・・でも、完済は絶対します・・

※1度目の任意整理に至るまではカテゴリ「任意整理と弁護士」を
ご覧ください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/category5-2.html

※1度目の任意整理着手後はカテゴリ「任意整理着手」をご覧ください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-17.html
※2度目の任意整理はカテゴリ「任意整理後支払不能」をご覧ください。
任意整理それでも払えないときの対策(1)~(3) http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-466.html

そして・・それでも四苦八苦していた2013年の秋・・
善意あるお知り合いに債務先8社分の残額をまとめて
お借りし返済。←とりあえず完済。気持が楽になりました!
3度目の任意整理をしたような形です。
その詳細はコチラをごらんください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-847.html


おかげさまで2017年5月にすべて完済できました!



今日はお休み・・
のんびり畑&庭でゴソゴソ・・

お隣さんからビオラをたくさん買ったからいらない?
と言われて5株ほどもらったのでイソイソと植えつけたり・・
と、いつもの休日・・

日も暮れてきたので家の中に入ったとたんに見たネットのニュース・・

「デビッド・ボウイ死去」

え???うそーーーーんっ・・(@_@。(@_@。
しばし、絶句・・はぁ・・一気に脱力・・

かなりショック・・言葉もない・・
本日はちょっと長くなります。どーでもよい昔話になるので
スルーしてください。

デビッド・ボウイ・・
かなり筋金入り?!のファンだったのよワタクシ・・
いまだに昔の曲を聞きながら仕事したり・・

あぁ・・走馬灯のようにいろんなことがグルグルと
頭を駆け巡ります。

思い返せばもうウン十年ファンであり続けていたわけで・・
思い起こせば中学生の頃からだと思うなぁ・・
たしか、そのときに来日していてコンサートに行きたかったけれど
中学生ゆえに行けなかった覚えが・・(当時はライブと言わない)

なにせ、あの当時はこの手(洋楽)のものが好き=不良の時代
だったし(笑)不良ってもう死語よね。

当時の大人たちから見れば頭が狂ったのか?というような
ボウイのグラムロック時代のいでたちなんかをカッチョイイ~
なんて思って眺めて萌え萌えしておりました。

Ziggy Stardust_5-horz

ボウイが日本の表舞台に出てきたレッツダンスや
戦場のメリークリスマスよりずっと昔の狂ったヘンテコな
時代のボウイほうが大好きだったんだぁ・・(今もだけどね・・)

日本が好きで京都に家があったり・・懐かしい写真・・

201506141736446dc.jpg

※お借りしました。これ河原町・・

山本寛斎の衣装を身に付けていたり・・

Ziggy Stardust_2

私がアートやファッション、サブカルチャーの世界に興味を持った
きっかけだったかもしれない。絶対ロンドンに留学したいっ!なんて
アホなことを思ったりもしていたな(笑)

高校の時はハデハデの山本寛斎のデッカイカーデガンを
コート替わりに制服の上から着て通学してたっけ・・(^_^.)
当時のロックって案外アートの世界と距離が近かったのかも
しれないな。

その後、大学時代に来日してくれて満を持してコンサート
に行ったのが最大の思い出・・数々の外タレコンサートに
行きまくった私ですがこれはもうベスト!

なにせ、1番前のど真ん中で飛び跳ねていました\(~o~)/
知っている人は知っているだろうけれど、私が住む地方の会場は
野外でそれも当時ではめずらしいオールスタンディング形式。

友人と「S席とったら、S席の人全員が一番前で見ることが
できる権利があるわけだ・・」という結論に至り、
「じゃ1番前で絶対見よう!」という恐ろしい論理の元、作戦会議っ!
要はね、会場前に事前に並べばよいっ!ということになったのですが
何日も泊まり込みなんて家に許してもらえないメンバーばかり・・

それでも、さすがに3日前からうごかなきゃやばいでしょと
三日間交代で並んで泊まり込み大作戦。お互いの家に泊まると
言えば3日間くらいはなんとかなるだろうと無い知恵をしぼり
ローテーションを組んだ私達・・

昼間は交代で並び、交代で食料を運ぶという計画だったような・・
あはは・・青春ですねぇ・・これ自体がお祭りです。

で、会場に3日前にいくとすでに長蛇の列でびっくりした私達。
でも、あきらめない私達はここでまた戦略会議。
そう・・前から2番目くらいのちょっと年上のの人達に
食事を運ぶし、毛布ももってくるし・・交代で並ぶからと
交渉し見事グループに混ぜてもらうことに成功したのでした。

今思い出しても吹き出しそうなくらい皆必死だったなぁ・・
後にも先にもあれほど集中して事にあたったことはもうないかも
しれない・・←情けないけれど若き日のパワーってすごい。

確か、大学は学祭をやっている最中の季節だった覚えがありますが
まったく大学には足を運んだ記憶がない。大学で何がなされて
いたのかもわからない。他の友人達も他の大学でしたが同様・・
丁度、学祭シーズンでよかったよね~と言っていた記憶もあります。
デビッド・ボウイだけのために10日間ほど心血を注いでいました。

そんな、おかげでめでたく最前列でコンサートを見ることが
できたのでした。
それ以前に会場に入るまでにそれはそれはいろんなことが
ありましたけどね。入場時には凄い人になっていて
あちこちで小競り合いがあったりね・・
今の時代の成人式の騒動に眉をひそめるなんてことはできないわ~

ただ、オールスタンディングが無謀な企画でオープニング直後に
当然ながら将棋倒し状態になり、デビッド・ボウイ自らが「ストップ!」と
演奏を止めて中断。もう少し皆、下がって、そして押さないでね・・でないと
ライブが続けられないよと自ら声をかけたのを覚えています。

結構な人数が下敷きになって失神したりして運び出されたのを
覚えています。
私達はここで死んではマズい(親に怒られる)となんとか難を逃れ
一番前を死守・・(笑)最後までライブを堪能しました。
←やっぱり当時からしぶとかったんだ・・・

確かこの騒動は当時の新聞に載った覚えがあります。
祖父から「そんなところに行ってたのか!この馬鹿者が!」と
怒鳴られたなぁ・・毎日家の車をかっさらって出かけていたので
なんでだろ?と思っていたんだろね・・

祖母は1週間ほど口きいてくれなかったな(笑)
気が付くと家の車と一緒にいないし・・(^_^.)
もう、この頃はこうして家で怒られるのは慣れっこになっていて
平気だったけどね・・

と、1人のアーティストが死んだだけでこれだけわんさか
語れてしまうんだなぁ・・同じような人がたくさんいるんだろうな。

今、同じことがあってももう絶対できない。
あの若さゆえできたことかな?アホだったけれど
とても毎日が楽しかったです。なんでもやっておくもんだな(笑)

実は私、2004年のデビッド・ボウイ来日のライブも見に行って
いますが、やはり、この時の大騒動のライブと同じ気分には
なれなかったな。大人になるってちょっぴり淋しいと思う瞬間。

若いときはかなり無茶苦茶やってきたけれど
案外、その後の人生でわからないうちにプラスに
なっていることがあるかもしれないと思うことが結構あります。
そう・・目に見えない感性?!みたいなもの・・かな・・??
何かに夢中になることって大切かもね。

デビッド・ボウイはやっぱり私のスターだったな。

8794923123_3777bffaf3_o.jpg

本当に★になっちゃった。冥福をお祈りします。合掌。

※ローリングスローンズには、もうすこし
きばっていただきたいです。はい・・

本日は長々と失礼しました。明日からまたコツコツ
オバサン頑張ります。

今日もこんな私にポチッポチッとお願いいたします。
おかげさまでなんとか踏ん張れております。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへにほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ




スポンサーサイト
コメント
猫の目くるくるさん。
こんばんは。

きっと、デビッド・ボウイのこと書かれているな、と思いましたよ。

本当に衝撃の訃報でした。

ブリティッシュロックより、ちょっと野暮ったいアメリカンロックやミーハーな感じのポップスが好きだった私からすると、デビッド・ボウイは、ちょっと近寄りがたい、クールの頂点にいるアーティストでした。

私たちの、あの頃の時代を象徴する大きな存在。

猫の目くるくるさんの、臨場感あるコンサート(←ライブとは言わない)エピソード…わかります!当時のあの熱…!
懐かしく、楽しく読まさせていただきました。

猫の目くるくるさん。
今は、ちょっと魂が抜けてしまったような、そんな状態でしょう。

デビット・ボウイど真ん中でなかった私も、その存在感の大きさゆえ、喪失感をおぼえています。

2016/01/13(Wed) 01:55 | URL | sango* | 【編集
sango* さんへ
おはようございます。
私が言葉にしちゃうとなんだかすごく
陳腐な感じになっちゃうんだけれどね(笑)
ガックリです。

そうそう、コンサートなんですよ。
いつごろからライブって言うように
なったのかな?なんてオバサン思っています。

あのころの「熱さ」ってあの年頃特有の
ものかもしれませんね。
ハチャメチャだったけれど
楽しかったなーって思います。

だから、今は今できることを
少々無駄でも楽しくやっていかなきゃ~
なんて思います。
まっ・・できることが少なくなって
きてるけれどね・・(^_^.)

というわけで、これからもよろしく。
コメントありがとうございます。


2016/01/13(Wed) 08:06 | URL | 猫の目くるくる | 【編集
はじめまして!
タイトルに惹かれてお寄りしました
(*^^*)♪

学生時代がMTV全盛期でハマってました。
レッツダンス、チャイナガールの頃ですね…

ニュースを聞いてその頃のことを思い出しながら浸っています…
(´-ω-`)
2016/01/13(Wed) 11:30 | URL | たまちゃん♪ | 【編集
たまちゃんさんへ
はじめまして
お立ちよりありがとうございます。

そうそうMTV全盛でしたね(笑)
今はYoutubeですもんね~
今の時代なら見たいもの聞きたいものに
即ありつけますが、あの時代は
そうもいなかかったからこそ
より熱くなれらのかもしれないですね!

たまーに昔語りしますので
またふらっとお立ち寄りください(^_^.)
2016/01/13(Wed) 11:40 | URL | 猫の目くるくる | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック