四十路の零細個人事業主・・現在に至るまで・・

2007年に770万ちょいの借金でついに首がまわらなくなり、 任意整理をして
借金総額500万ちょいに圧縮・・

その後も山あり谷ありしながら、合計8社に月々78000円を 返済するも、
借金残高180万チョイのところで2011年9月についに力尽き・・2度目の
弁護士登板・・その後、月々の返済額が半額になるように交渉を
してもらい・・

結果・・少額の残債があった1社は完済。
あとは、月々の返済は半額に近い額に落着き2012年2月より またまた返済をスタートしています。長い長い返済ロードはまだまだ続きます。

それでも、それでも・・
何度も何度も、もうダメだ・・と潰れそうになりながらも、なんとか普通の人の
フリをして諦めずに生きております・・でも、完済は絶対します・・

※1度目の任意整理に至るまではカテゴリ「任意整理と弁護士」を
ご覧ください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/category5-2.html

※1度目の任意整理着手後はカテゴリ「任意整理着手」をご覧ください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-17.html

そして・・それでも四苦八苦していた2013年の秋・・
善意あるお知り合いに債務先8社分の残額をまとめて
お借りし返済。←とりあえず完済。気持が楽になりました!

その詳細はコチラをごらんください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-847.html

その後、2014年の2月よりおまとめしてくださった方にユルユルと返済を
継続しております。で、まだまだ借金はありますので完済をめざす
ゆるいファイティングポーズはとり続けております。


今日は久しぶりの青空が見えた1日でした。
お天気よいと気持ちイイ~\(~o~)/

なんてノーテンキなことを言っていますが、毎日の雨にウツウツとしていたら
あっという間に4月が終わりそうっ!はぁ・・(-.-)

月日がどんどん過ぎ去っていくのに私はなんだかモタモタとしか
前に進んでいる感が満載・・とりあえず前には進んではいるので
ヨシとしなければならないけれど、いいのか?!これで?!
と思うこと多し・・焦っても同じなのは知っているけれどね・・

ちょっと引き締めていかねば・・気持ちもカラダも・・
(着るモノが薄くなっていくのでちょっと絞らないと・・)

さて、今週の月曜日は母の付き添いで某巨大大学病院に
行っていました。

はい・・つれていった母は元気満々・・
長時間の待ち時間もなんのその・・お喋り全開っ!

はぁ・・(+o+)私が病院で診察してもらいたいくらい疲れました(-.-)

母の病気ってのは、白内障。結構進行してて手術を受けなくちゃいけない。
ですが過去に網膜剥離の手術したり、緑内障も発症しているので
そこいらの病院でチョイチョイッって感じで手術ができない。

なので、ご大層な大学病院で手術前の事前検査やらなんやらを
目一杯しなくてはならない・・でもさ、あれだけ食べれて、喋れるんだから
事前の検査も何も・・ブツブツ・・と娘談・・(笑)

という感じだったので至ってのんきな付き添いでした。
ただ、大きな病院は時間がかかるのなんの!眼科も座るところが
ないくらいの人・人・人・・そのほとんどがご高齢の方たち・・
目も老化するしね・・私もその後を追っかけているワケで・・(^_^.)

予約は入れてあるものの朝の8時半には病院に突撃しました。
(9時すぎると駐車場に大行列ができます)
診察→検査→検査→検査→診察→支払い
のルーティンをすべて終えたのがなんと13時半っ!
はぁ・・すごいです~腹へったぁ~(+o+)

この診察、検査の間は人間ベルトコンベアーのごとくあっちに移動、
こっちに移動と病院内をすべて私にお任せ状態の母を連れて
ウロウロ歩きまわらなくてはなりません。

そして、皆、呼び出しの携帯端末を持ち、順番が来るとそいつが
ブーブー鳴ってメロディが流れるようになっています。
これがねぇ・・あっちでもこっちでもウルサイっ!
だって、皆、なかなかストップボタン押せないんだもん。
それとか、置き去りにされていたり・・←首から下げるストラップつけてよ・・
カバンからなかなか取りだせなかったり・・
自分の手の中でブーブー言ってもなかなか気が付かなかったり・・
これ、ノーテンキなウチの母です。おしゃべりに夢中・・(-.-)

巨大病院はまるで迷路のようでマップを渡されウロウロ・・
移動距離もハンパない。
で、母・・しゃべりっぱなし・・眼科じゃなくて違う診療科へ連れていきたい・・

でもね、なるほど・・こりゃ付き添いが必要だわ・・と思いました。
いくら元気だと言っても老人には無理・・

私は診察時の先生のお話以外、ひたすら待つ時間ばかりなので
ひたすら人間ウォッチング・・
よくよく観察してみると、ほとんどの高齢の方に付き添いの方がいらっしゃい
ました。ご夫婦だったり、その子供だったり・・

中でも目を引いたのがビシっと背広を着たサラリーマンらしき男性が
親御さんの手を引いていたり、車椅子を押していたりされている姿が
数多く見られたこと・・

会社を午前中休んで親御さんに付き添うというパターンかな?
と思いながら眺めていました。お顔を見ると、どなたもどことなく
似ているので親子さんだなと・・きっと私もそう見えてるんだろね(^_^.)

時代の流れを感じる光景でした。この頃は男性も育休や介護で仕事を
半休にしたりできる時代になっているしね・・
あと・・高齢化社会に突入してるんだなぁと実感。

20年前、祖母の通院や入院に付き添っていたときは平日の昼間に
背広を着たサラリーマンの姿なんて見たことなかった。
ほとんどが女性が付き添っていたと思います。

なんて感じで、長い待ち時間、これ以外にもいろんな観察ができた
病院付き添いでした。でもさ、あの検査の歩く人間ベルトコンベアー状態は
どーにかならないもんかしら?

病院の通路の壁際にレールを引いて、椅子を置いて検査ルートを
コンピュータに入力して患者を運べばウロウロ迷子がなくなるん
じゃないかな?診療科毎の受付のオネーサンたちはほとんどの
時間を道案内にとられているんだよね・・効率悪い。
スマホでマップをなんてことは高齢者には絶対できないし、中高年に
さしかかっている私達も老眼入ってるのでしんどいし・・

今のIT技術を使えばできると思うのよね・・人間ベルトコンベアー!(笑)
カルテだってオンラインなんだし・・ふふ・・おもしろいよね
病院の通路をジーサン、バーサンが乗ったコンベアがモノレール
みたいに走るの・・小児科は機関車トーマスにすりゃいいわ~

病院によっては通路の床にカラーのルート表示があって緑を進んで
ください、青を進んでください・・っていう方法をとっているところも
あるので、アナログな工夫でもまだまだできることはできそうだけどね。

でないと、私が年老いたとき1人じゃちょっと不安なんだよねぇ・・
誰も付き添いいないぞ・・どなたか自動人間ベルトコンベアー
作ってください。あっ私、機関車トーマスのほうが元気が出そうです。

あっ・・しゃべりっぱなしだった母の方は検査結果も良好で全然問題なく
手術できるそう・・で、手術の日はまだ未定。
なんでもベッド空き待ちで空いたら電話があって手術日が決まるそうです。
あぁなんだかメンドクサイのね・・まっご本人が元気だしよいわ。

というわけで、月曜日から非常に疲れましたがよい社会観察?!が
できた一日でした。

どーも月曜にこんなことで休むと調子が狂います。明日はもう木曜!
明日も頑張らねば・・(-.-)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック