四十路の零細個人事業主・・現在に至るまで・・

2007年に770万ちょいの借金でついに首がまわらなくなり、 任意整理をして
借金総額500万ちょいに圧縮・・

その後も山あり谷ありしながら、合計8社に月々78000円を 返済するも、
借金残高180万チョイのところで2011年9月についに力尽き・・2度目の
弁護士登板・・その後、月々の返済額が半額になるように交渉を
してもらい・・

結果・・少額の残債があった1社は完済。
あとは、月々の返済は半額に近い額に落着き2012年2月より またまた返済をスタートしています。長い長い返済ロードはまだまだ続きます。
2度も任意整理やってる人はそうもいない・・返済途中で苦しい方参考にしてください。
それでも、それでも・・
何度も何度も、もうダメだ・・と潰れそうになりながらも、なんとか普通の人の
フリをして諦めずに生きております・・でも、完済は絶対します・・

※1度目の任意整理に至るまではカテゴリ「任意整理と弁護士」を
ご覧ください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/category5-2.html

※1度目の任意整理着手後はカテゴリ「任意整理着手」をご覧ください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-17.html
※2度目の任意整理はカテゴリ「任意整理後支払不能」をご覧ください。
任意整理それでも払えないときの対策(1)~(3) http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-466.html

そして・・それでも四苦八苦していた2013年の秋・・
善意あるお知り合いに債務先8社分の残額をまとめて
お借りし返済。←とりあえず完済。気持が楽になりました!
3度目の任意整理をしたような形です。
その詳細はコチラをごらんください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-847.html


おかげさまで2017年5月にすべて完済できました!



弁護士と司法書士にどちらにお願いするか?

さて、私が任意整理に至った経緯はこれまでのとおりです。
私がネットでいろいろ調べていて任意整理という言葉を知って

次に考えたのは弁護士と司法書士にどちらにお願いするか?

でした。

結論からいえば両方どちらでも任意整理が
できます。だからよけいにどっちがいいのだろ?
と考え込んでしまったのを覚えています。

費用面では断然に司法書士の方が安かった覚えがあります。

いろいろ調べてみた結果、はっきりは今は覚えて
いないので間違っていたら申し訳ないのですが
裁判になったりややこしいことになった場合
そのまま弁護士が私の代理人となれるのに対して
あくまでも司法書士は書類作成、裁判所では書類を
受け取るのみと記してあったような・・

でも、私の場合は上記の理由もあるのですが
最終的にはすごく単純な理由で弁護士さんにしました。

司法書士よか資格的に弁護士のほうが「上」じゃないかと・・・
司法書士さんごめんなさいっ!それと、司法書士さんに
お願いしている方にもごめんなさいっ!


こんな単純な客もいるのですよ・・・

それと・・ネットみていると任意整理の価格の
説明がやたらややこしいところの司法書士事務所が
多くて、ただでも多重債務でお金の計算が
全くできない状態なもんで・・

追加料金なし!これだけ!と書いてあった
弁護士さんにしました。追い詰められた人間には
シンプル表現が一番です。

でも、でも・・かなり司法書士さんの価格の
安さにも引っ張られていたのも事実ではあります。
それでも、元々値段が高いものに引かれる性格の私。

高いお金を払えばそれなりにリターンもあるんじゃ
ないのかな?と・・
これは、私の浪費癖ともリンクする性格です。
良いものは値段が高いのはあたりまえ・・という論理。
(今となってはそうでもないのだけどねぇ・・)

あのときは私も切羽詰っていたので
こんなことくらいの判断能力しかありませんでした。

でも、結局はいろんな方のブログを拝見していて
思うのですが弁護士さんでも司法書士さんでも
最後は「経験と人間力」じゃないかなと思います。

そうとはわかっていても初めて相談にいくわけだし
その経験や人間力などわからないし・・
「資格業」の選択というものはむずかしいですね。
結局は「クジ運」みたいなものかしら・・と思ってみたり・・

ふと、思うのですが圧倒的に司法書士さんのHPの
方が表現力が豊かと感じるのは私だけかしらん?

さて、続きは任意整理後の弁護士事務所の
やりとりや私の大借金分析などなど・・を
「ゆるり」と記していきます。

毎日の励みのために
ブログランキングに参加してみました
よろしければポチッとお願いいたします。


にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ

スポンサーサイト
弁護士と相談・・契約書に間違いが・・

昨日の続きです。
ようやく弁護士さんとの相談が終わった私

弁護士事務所の入っているビルを出たときは
それまでの精神的な疲れはあるものの
どこかホッした気分でした。

同時に正直言って毎月のあの支払い地獄から
開放されたという安堵感が強かったです。

まだまだ目先のことしか考えられていない証拠なのですが
毎月、毎月、クレジットカードの支払日が27日と10日。
それ以外にも銀行からのキャッシングの支払い。
サラ金の支払い。その他にも仕事上の支払い。
当然光熱費も銀行から落ちていきます。
いつも支払いばかりしている状態です。
お金のことを気にせずに過ごせるのは
1ヶ月のうち1週間くらいしかなかったと思います。

これからは借金の額はどうであれ、支払い日が
同じ日になる。これが私を随分、楽にしていました。
というか、この楽になった気分に逃げ込みたい
ところもあったと思います。なんせ700万以上の
借金ですからね・・

ともあれ、なんだかフワフワとした気分で自宅に
寄り道もせずに戻ったのを覚えています。

さて、自宅に帰っての夜です。
おもむろに弁護士さんとの契約書を出して眺めてみました。
今月末は5万だけだし・・・とまたまたお気楽な私です。
しかし、よくよく見ると何か変?!
んんーーーーーーっ???
あれ?ちょっと待って・・弁護士費用は46万2000円のはず・・
(さすがこの金額は覚えておりました)
なのになのに50万以上の金額が??んん?私の聞き間違い???
よくよく見てみると整理する会社が10社になっているでは
ありませんか!あれ?10社だったっけ?
指折り何度数えても私の指は1本余ります。
れれ??急ぎパソコンを開いて今日持参した
会社の借金まとめのファイルを開き、またカウント・・
やっぱり9社!あぁ~間違えている。
どどーーーっと疲れが・・・

連絡しようにももう夜も遅い。
でも、思い始めたら気になってしょうがない。
メールでもしようかと思っても弁護士さんの名刺には
メルアドがない。HPにもメルアドなし・・トホホ
ならばFAXだ!とその旨を書いてFAX。

契約書に不備があるので携帯に連絡がほしいと・・・

翌日になると丁重に弁護士事務所のオネーさんから
電話がありました。新しい契約書を即送りますとのこと・・

ふーーーやっぱり9社もあればそりゃ間違うよなぁ
でも、弁護士さんもあの契約書を私に見せながら
説明してくれたのになぜ気がつかなかったのか・・

やっぱり舞い上がっていたのだなと・・
少々、シュンとなりました。

でも、これで「しっかりしなくちゃいかん!」
とよけいに思ったものです。
弁護士事務所でも人間の集まり間違いはあります。
気をつけないと・・

と、とりあえず任意整理なるものを決行してしまった私。
と同時に今までの自分を大きく振り返りなぜこのように
なったかを深く考えるようになりました。
キチンとしているところと、していないところが
非常にアンバランスで変なのです。
自戒をこめつついろいろ借金体質の自分を分析
してみます。

では、まだまだ続きます。

毎日の励みのために
ブログランキングに参加してみました
よろしければポチッとお願いいたします。


にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ


弁護士と相談・・面談の終了

昨日の続きです。
クタクタになりながらもとりあえずは
任意整理に着手していただくことになった私です。
今日からカードが一切なくなるという現実が
身にヒシヒシと突き刺さっています。
こうして書いていると長くなるのですが
そんなに時間がたっているわけではありません

と、ここまできて私と弁護士の間にはまたもや沈黙が流れ始めます。
前にも書いたように私はこの沈黙の空気がとても苦手なのです。
しかし、何もしゃべる事が見つかりません。

弁護士「何か、お聞きになりたいことありますか?
何でもいいのですよ・・」と、再び仏様のような笑顔・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・沈黙

私「あの~このような多重債務の処理は多いのでしょうか?」

これには自分でも少々笑ってしまいました。
別に弁護士と世間話をすることもなかろうに・・
こんなことししか口から出ませんでした

弁護士「うん。多いですよ。ウチのお客はほとんどが多重債務です。
でもね、これからどこの会社も金利を引き下げてきますからね。
だからそんなに過払いとかは発生しなくなると思いますよ。
だからあなたの場合はタイミングがよかったかもねぇ・・
でも、額が大きいから残りの金額も大きくなると思いますけどねぇ・・」

私「そうですか・・・」
※額が大きいという言葉にも慣れてきて平気になってきている私

弁護士「あと、何でも聞いてもらっていいですよ・・」

これ以上話は続きません。口を開こうものなら
お次は「先生は結婚はしているのですか?」とでも言いそうな私です。
またもや沈黙。それでも弁護士さんはニコニコ・・
このあたりで私はなんだか集中が切れて
何かしゃべろうという気はなくなってきていました。
まっ用事も済んだしそろそろ帰ろうかと・・すると・・

弁護士「まぁ~任意整理といっても、アナタはこれで何もすることは
ないのですよ。こちらが交渉をすべてしますから・・
待っていただくだけです。あとは交渉成立したら和解の書類を
自宅にこちらから郵送します。それくらいです。自宅に郵送して大丈夫ですか?」

私「はい。大丈夫です。」

※そう自宅には私しかいないし全然大丈夫。そういえば
弁護士事務所に入って問診表を書いたときに書類を郵送するときに
ウチの弁護士事務所の名前が入っている封筒でよいですか?
と聞かれたなぁ・・
あとは・・私がコツコツやらなければならないのは
毎月の支払いだけだ!

弁護士「それとね、今日から私がこの契約にある通り交渉に
入りますから、一切催促はありません。万が一催促の電話や書類が
来たら私に連絡をしてください。それと、電話の場合はすべて弁護士に
お願いしましたと言って私の名前を出して私に連絡をするように
言ってください。あと、カードの引き落としがされる銀行の残高は
ゼロにしておいてくださいね。」

私「え??カードの引き落としがされている銀行ですか?」

弁護士「ええ、そうです。基本的に任意整理をした場合は
ウチから各会社にウチが交渉しますって書面を送るのです。
任意整理が始まると一切の引き落としや催促はストップなのですが
交渉が始まっていてもクレジットカード会社の中には残高が
あれば引き落とししてしまうんですよ。
社内で連絡がまわるまでちょっとした時間差があるからね・・
引き落としされる銀行にクレジットカードの引き落としを
やめてくれって言ってもいいのだけどね・・別に任意整理
したとかっていうことは全然言わなくていいし・・」

※ほほう・・そうなのか・・ようやく前に座っている
弁護士さんが弁護士らしく見えてきました。それまでは
ニコニコしてるだけで、大丈夫なんだろか??と
思っていたのですがなんだかすごく頼もしく見えてきました。
帰る頃になってようやく「心」が通じたって感じ(笑)
やっぱりこの先生「シャイなんだな・・」なんて思う余裕も私にも出てきました。

私「あっわかりました。残高には気をつけます」

弁護士「じゃあ、できるだけ交渉はのんびりやっていきますから
何かあったら連絡をください。」

私「ありがとうございます。よろしくお願いいたします。
何かありましたら連絡をいたします。」

で、無事終了でした。と同時に丸裸で未知の世界へ突入です。
なんせ、カードがない生活っていつの日かって感じです。
どうなるんだろう・・とは思っていました。
それと同時に・・もう一人の私はすごいなぁ
たった30分で46万2千円プラス5千円の儲けかぁ
良いお商売よねぇ・・と商売人の思考。

弁護士さんの部屋を出たら次のお客さんが問診表に
記入をされていました。すっごい仕立てのよいスーツを
着た紳士でした。サラリーマンには見えないし・・
経営者っぽい・・表情くらいな・・この人も多重債務なのかしらん??
なーんてことを思いながら、事務のオネーさんに丁寧に
挨拶をして帰りました。入ってきたときよりえらく
度胸もついていて、お客がいても平気になっていました。
ここは切り替えが早い私。クタクタになりながらも
ちょっぴり晴れ晴れしていました。

さて、続きはまた明日に・・
弁護士さんとの契約書に不備があって少々バタバタ
します。
毎日の励みのために
ブログランキングに参加してみました
よろしければポチッとお願いいたします。


にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ

弁護士と相談・・カードに依存していた私

昨日からの続きです。

自分のおバカぶりをおもいっきり認識させられて
精神的にクッタクタになっている私。
弁護士さんが部屋を出て行って
「はーーー」と少し休憩・・相変わらず頭の中は
ショートしたままです。

その後、すぐに弁護士さんが契約書を持って部屋に戻ってきました。
出された用紙は「委任契約書」と書かれてあり
任意整理用に雛形が作ってありました。
その中にこの日に話した内容、弁護士費用の
支払いスケジュールなどが手書きで記入されてあります。
同じ用紙が2枚です。これは1枚は自分の控え。

弁護士「じゃあ、今のお話でよければここにサイン、捺印してください。
あっ、今日じゃなくてもいいのですよ。ご自宅にもどって
考えてからでも全然かまいませんから・・今日はご相談だけでも
いいのですから・・」

とニコニコやさしく言っていただきました。
でも、私はもうすがるものはここしかないという
状況まできていますから

私「いえ、これでお願いします」

と即答していました。

弁護士「じゃあ、お受けするということで
この用紙はご自宅に戻って、サイン、捺印をして
郵送してもらえますか?こちらは着手させていただきますが
なんせ、のんびりと交渉をしていかなくてなならない
ですからね。そう急がなくてもよいですよ」

そーです。弁護士費用の支払いをまずしなくちゃ
ならないのですから・・

私「はい・・・」

弁護士「じゃあ、今日持参していただいた書類はお預かり
いたします。それと、このカードもね・・というかもう使えませんし・・
今後最低5年はつくれませんしね・・」

といいつつ・・私の目の前で私のカードをニコニコしつつ
、おしゃべりしつつ手でグニャグニャと
折り曲げて折っています。

あ・・・・

それを目の前で見ていて、とてもヘンな話なのですが、
すごくなんとも言えない気分になりました。
なかなかうまく表現できないのですが
胸がキュッと締め付けられた感じでした。
と、同時にすごい不安な気分になったのです。
いつもいつも私の物欲につきあってくれていた
カードたち・・あれがないと丸裸になった気分
というのでしょうか・・

私ってこんなにもカードに依存していたのか・・

と、わかった瞬間でした。さすがにショートして
しまっていた私の頭も回りはじめました。

要はもうどこからもお金が借りることはできない
欲しい物もすぐ手に入らない
ということなのですが、普通の人ならそんなもの
あたりまえなのですが、借り入れ残高やショピング枠までも
が自分のお財布のように長年つきあってきた
多重債務者はこんなことでとても不安な淋しい気持ちに
なってしまうのです。

それと、重くのしかかるこれからの
支払い。安易に答えた「月10万」
根拠があっての10万でないのは明確。

すごくすごく不安になってしまっていました。

カリーヌさんのブログには自分で
カードにハサミを入れられたと
書いてありました。
http://kaleenue.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_372b.html
あのときの自分はけして自分で
ハサミを入れることはできなかったなぁと・・

今はおかげさまで、カードがなくても
全然平気になっています。また、追々記して
いきますが、とても切り替えが早い性格なのです。
これが災いするときもありますが・・

でも、今でもあのカードが折れていく瞬間の
不安な気分は鮮明に記憶に残っています。
これは忘れちゃいけないんだよ!ということですね。

続きはまた明日に・・

毎日寒いですね。私の回りでは風邪が流行中。
借金返済中に一番気をつけなければ
いけないこと・・それは健康。
働けなくなったらギリギリの生活が破綻してしまいます。
健康に気をつけて毎日元気に仕事をしなくては・・

毎日の励みのために
ブログランキングに参加してみました
よろしければポチッとお願いいたします。


にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ

弁護士と相談・・弁護士費用の合計は?

昨日の続きです。
弁護士に毎月いくら返済可能かと聞かれて
何の根拠もなく「10万円・・」と答えた私。
心の中では「あぁもっと少なく言っとけばよかったなぁ・・」
とこれまた何の根拠もなく思っていました。
要は、払うお金の算段など計画的に
できないのですから・・

弁護士さんは相変わらずニコニコ・・

弁護士「うーーんそうですか・・そうですねー
とは言っても会社の件数が多いですからねぇ・・
費用が結構かかるし・・ブツブツ・・どうしようかなぁ」

※んん??費用というのは弁護士費用のことです。
私はまたまたこれも安易に考えていたのです。
ここの弁護士事務所のHPには費用は分割可能と書いていたので
毎月5万位づつ借金返済とは別に支払うのかしらん?
てなものです。
(そんなことできたら任意整理なんか不要だっちゅーの)
でも、その間は借金返済はストップかもしれないから
その間にできるだけ稼ぐか!なーんて・・
そんなことできるわけないですね・・(笑)
どこまでも自分に都合のよい多重債務者です。
もう、今思うと痛ましいくらいおバカです。

続けて弁護士さんはまったりおしゃべりを続けます。

弁護士「えーーっと、じゃあ全部で9社ありますから・・
弁護士費用は8件までは5万でそれをこえる分は
1件4万なんですよね。結構な金額になるけど
大丈夫かな?」

私「あのーお支払いは分割可能とお聞きしたんですけど・・」

※おバカの私は9社分の合計すら頭に浮かびません。
まだまだ余裕のノー天気さです。
今なら瞬時に合計金額がでるのですが、この頃は
その計算能力が完全に麻痺しています。

弁護士「はい、可能ですよ。でもあなたの場合、
ご覧の通り整理する会社の件数がおおいですからね・・
えっと、消費税合わせてと・・合計462000円ですよね・・・
で・・毎月10万ずつ支払ってもらったとして・・
えーーっと・・1回目が5月末として毎月10万支払ったとして
うーーん、全部支払い終りが9月末ですよねぇ・・
その間に返済がはじまっちゃうとですね、だめだから
できるだけ引き伸ばして交渉をこちらもするんだけど
うーーーん今5月でしょう・・交渉を延ばし延ばしに
できるなぁ・・・・したとしても返済開始が10月でしょう・・
うーーん・・どうかなぁ・・いけるかなぁ・・ブツブツ」

と、指を折り月数を数える先生。

私「はぁ・・・・・・」

※なぬーーー!そういうことだったのねー
要は分割といっても借金の整理をしている間の分割だったんだ・・
今月末から10万かぁ・・ヤバイ・・これは・・
としばし無言になってしまいました。
やっとこさ、現実が見えてきだして、麻痺していた
頭も動きだしてきました。というかショックをあたえられ、
しかたがなく稼動しはじめたってところでしょうか・・

私が固まってしまったのを見て、少々気の毒に思ったのか

弁護士「まっ交渉はできるだけのばして費用を支払えるように
しますが・・やってみましょうか・・いいですか?」

私「あっよろしくお願いいたします。でも、先生
お恥ずかしいのですが、今月末の10万というのがとても
厳しくて・・どうにかなりませんでしょうか・・」

※これを言うのが精一杯・・

弁護士「じゃあーこんな感じにしましょうか?」
と用紙を出して以下のように記してくれました。

5月末:5万 6月末:10万 7月末:10万 8月末:10万 9月末11万2千

※ほーこれならなんとかなりそうだ・・ってまたまた根拠もなく思った私。
目先の5万だけを見つめていました。今月末は5万だけなんだ・・と・・

私「はい。よろしくお願いいたします。」

弁護士「じゃ、委任契約書を作りますからちょっとまってね」

と隣の部屋のオネーさんに指示を飛ばしに部屋を出て行きました。

この時点で私はかなり疲弊していました。
あっけないものです。もっといろいろおしゃべりするもの
だと思っていたのです。
今、思えばあたりまえです。私は何の返済ビジョンも
持たず、疑問点すらまとめずにノコノコと弁護士事務所へ
出向いていたのですから先生もやりにくかったとおもいます。
別に疲れる理由はないのですが
精神的にクッタクタになってはいました。
多分、何につけても計算ができていない
バカな自分にホトホト疲れていたのだと思います。

弁護士事務所に出向くときは弁護士費用も頭に入れて
返済計画のビジョンを持って出かけるべし・・です。

続きはまた明日に・・

毎日の励みのために
ブログランキングに参加してみました
よろしければポチッとお願いいたします。


にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ