FC2ブログ
四十路の零細個人事業主・・現在に至るまで・・

2007年に770万ちょいの借金でついに首がまわらなくなり、 任意整理をして
借金総額500万ちょいに圧縮・・

その後も山あり谷ありしながら、合計8社に月々78000円を 返済するも、
借金残高180万チョイのところで2011年9月についに力尽き・・2度目の
弁護士登板・・その後、月々の返済額が半額になるように交渉を
してもらい・・

結果・・少額の残債があった1社は完済。
あとは、月々の返済は半額に近い額に落着き2012年2月より またまた返済をスタートしています。長い長い返済ロードはまだまだ続きます。
2度も任意整理やってる人はそうもいない・・返済途中で苦しい方参考にしてください。
それでも、それでも・・
何度も何度も、もうダメだ・・と潰れそうになりながらも、なんとか普通の人の
フリをして諦めずに生きております・・でも、完済は絶対します・・

※1度目の任意整理に至るまではカテゴリ「任意整理と弁護士」を
ご覧ください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/category5-2.html

※1度目の任意整理着手後はカテゴリ「任意整理着手」をご覧ください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-17.html
※2度目の任意整理はカテゴリ「任意整理後支払不能」をご覧ください。
任意整理それでも払えないときの対策(1)~(3) http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-466.html

そして・・それでも四苦八苦していた2013年の秋・・
善意あるお知り合いに債務先8社分の残額をまとめて
お借りし返済。←とりあえず完済。気持が楽になりました!
3度目の任意整理をしたような形です。
その詳細はコチラをごらんください。
http://catwalk1992.blog121.fc2.com/blog-entry-847.html


おかげさまで2017年5月にすべて完済できました!



読書の秋がやってきたからってわけではないけれど
読んだ本・・

地震&台風で本を読むどころではなかったけれど
それなりにチビチビ読んでいます。



久しぶりにこの手の本を手にとりました。
読んだのは随分前。少々停滞気味の時に読むと
ちょっとやる気になれます。
中味は啓発系ではなく理論的に書かれているので
私にとっては有益な本でした。
定期的に読み返したい本。



定期的に読みたくなる角田本?!(^_^.)
確か作者の角田さんは私より年下のハズなのに
どうしてこの年代の人のことを淡々と描写できるのだろう・・
私より少し年上の佐織と風美子のお話・・
(角田さんの「対岸の彼女 」のシニアバージョン?!)
こんな人いるよなぁ・・っていう人が沢山でてくる。
角田さんの人物の描き方が好きです。
たぶん、私は風美子的な気質があるな・・



私は老後どころか日々の資金にも事欠いているけれど・・
老後の資金をどうしたら貯めれるか?っていう本ではない。
とにかく、人は生活をしていると、息をしていると
思わぬお金がどんどん出て行くことがあるって話。
リアル生活でもあるあるな内容です(笑)
人間なるようになるもんなのよね。楽しく軽快に読めます。

<<番外>>
「愉楽にて」・・林真理子 日経新聞連載
9月初旬に連載終了。
最終回を読み終わった時に最終回ってわからなかったほど
あっけなく終わってしまった。
途中の盛り上がりがすごかっただけに無理矢理終わりにしたというか
本として出版される際には少し続編を加筆して発売するという
戦略なのかしらん?
新聞小説を最初から最後までここまでハマって読んだのは
初めてかも(^_^.)

でも、これってバブル紳士向けというか、おじさんウケを
狙ったものだよね・・バブルを知らない若者には退屈かもしれない。
すでに、次の連載小説ははじまっていますが(ワカタケル:池澤夏樹)
私には退屈で読んでいません。第一話をよんで「なんじゃこりゃ?!」
と思ってしまった・・
そろそろ、おじさんウケから脱却しないとヤバいぞ日経新聞。

読みたい本は沢山あるのにどーしてか腰を落ち着けて
読みふけることができない今日この頃。
それでもチマチマと読んでいます。もっと読みたいんだけどなー
あとね、手当たり次第に気になった本をAmazonで注文しまくってみたいなぁ・・
すごい冊数になると思う・・

今日もこんな私にポチッポチッとお願いいたします。
毎日の励みになっております。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ



スポンサーサイト
なんだかここ数日はいやに涼しく爽やかな日が続いています。
夜になると冷え冷えしている我が家です。

今日からサッカーのワールドカップが始まりましたね。
特にサッカーファンではないけれどついつい見てしまう。
ウルグアイとエジプト戦、楽しめました。

ちょっと今回のW杯は日本ではかなり盛り下がってる感?!
があるのは私だけかしらん?
日本は直前の監督交代があったり・・なんだかなぁ・・
つーか・・監督交代しても選手に目新しさがないのが
かなりヤバイのではなかろーか?
もう、次のW杯のことを考えて経験の浅い若手をジャンジャン
投入したほうが面白いと思うけれどなぁ

サッカーファンでなくてもちょっと何かがズレているような気がします。
日本の試合を見ているとパッションを感じないんだよね。
他の国の試合を見ていると知らずに引き込まれるシーンが
たくさんあるんだけど・・

まっせっかくロシアまで行ってるし、髪も金髪に染めたりとかして
気合いいれてんだから、日本もとりあえず1勝くらいはしないとねぇ(-_-)
(うーーーん・・やっぱり気合いを入れるところがズレてないか?)

さて、最近に読んだ本・・こちらもアパレル業界のズレ?!

誰がアパレルを殺すのか

この本、カバーはショッキングピンクだし、タイトルもちょっと
目を引くように考えられたものだし、案外、ライトにさらっと読める本かと
思いきや、中味はかなり濃く、マジメで読み応えがあります。
すべてにダメダシしているワケでもなく小さな今後の希望?!
みたいなものも記してあります。

洋服好きのワタクシですが、そう・・あれだけお店があっても
ほしい洋服がない今日この頃・・だって、ブカブカの袋みたいな
同じような服ばかり・・どーしてそーなるのじゃ?!といつも
思っていたのですが、その答えが書いてありました。
Webや雑誌でよいなぁほしいなぁと思うものは近所に売ってない!

要はメーカーと消費者の考えていることが完全にズレてるんだよね。
もう、大量にドッカーンと作ってドッカーンと売れる時代では
ないのに、いつまでたっても過去の栄光よもう一度と思っている
大手アパレルのお偉いさんがたくさんいるのだろうな。
ちょっと、視点をかえればよいのにできないんだなぁ・・

あと、IT化がすごく遅れていると・・これは私も過去にアパレル関連の
材料メーカーさんの仕事をした時に業界全体がかなり古い体質で
「アホじゃないの?!」とひそかに思ったことが多々ありましたっけ・・

次にこれ・・

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

ホリエモン続いています。
これはAmazonプライムのAmazon Readerなるものが
あるのでタブレットで読みました。無料で読めちゃいます。
これは飲食業界について・・これも要はちょとズレてんだよ。
こちらもIT化、データ化が遅れていると・・
もっと飲食業界頑張ってよって話。
さらりと読めるのでタブレット向きです。

どちらの本も業界違えどヒントになることが沢山ありました。
自分の仕事も常に見直ししないと硬直化しちゃいます。

Amazonプライムに加入しているとKindle Unlimitedという
サービスがあり、月額980円(税込)で和書12万冊以上、
洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になります。

時事的なものや仕事関係でちょっと見てみたい本などには
よさそうです。雑誌もあるし・・
現在、とりあえず無料で1か月お試しができるので加入しています。
ちょうど仕事であれこれ調べたり、資料読んだりしなくちゃ
ならないのでよいタイミングです。

このサービスはなかなかよさげです。今のところ私はIpodで
読んでいますが、Kindleのタブレットを買おうかなぁとも
思いはじめています。

こうして、ジリジリとAmazonに洗脳されていっているような気がします。
(考えてみれば長らく楽天で買い物してない)

そういえば、「誰がアパレルを殺すのか」の中のインタビューで
ユニクロの柳井さんが次に闘う相手は同業のアパレルメーカーでなく
AmazonやGoogleだと言っていたのもさもありなん・・です。

おっと・・もう明日は週末・・1週間早いです。

今日もこんな私にポチッポチッとお願いいたします。
毎日の励みになっております。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ


ようやく、今年も夏野菜の植え付けが完了。

先日の週末は両日とも畑仕事ができなかったので
今週に入ってから早起きして畑仕事です。

今年は野菜の種類を増やしてみました。
昨年のキュウリ地獄がトラウマになったので多品種小ロット体制。
・キュウリ・トマト・ナス・ピーマン・シシトウ・パプリカ・セロリ・オクラ・里芋
セロリやパプリカ、里芋は初挑戦です(^_^.)
すでに蚊が出現していて刺されてしまいました。
もうちょっとゆっくりして出現してくれたらよいのですが・・

さて、読んだ本・・ひそかにキョンキョンブーム?!かもです。

黄色いマンション 黒い猫 (Switch library)

なかなか楽しめました。手元に置いておきたい本です。
SWITCHという雑誌に2007年~2016年の初めまで連載されていた
エッセイをまとめたものです。よって朝ドラのあまちゃんのことにも
ふれていたりします。子供の頃のことなどもちりばめられています。

言葉のつむぎ方が上手。しっかり読み手に伝わります。
芸能人の方ってゴーストライターがついているらしいけど
これは本人が書いていると思う。自分が伝えたいことをキチンと
文章にできる人。クレバーな人だと思います。

押しも押されもせぬアイドルだったのに彼女の中の
小さな本質というか領分をずっと崩さず自分で守ってきた人
なんだなって思います。
自分が自分でいるために回りに流されず闘っていたとも
いえます。
人気がでた10代のときから1人で喫茶店、1人で買い物、
1人行動が結構好きだったらしい・・

かくいう私も実はそうだったなぁといろんなことが
甦ってきました。中学校くらいから1人で買い物行ったり
レコード屋さんに行ったり、マクドナルドとか喫茶店も1人で
行っていたなぁ・・
生意気だったから実際年齢よりフケて見えていたのも
功を奏していたと思う。

ちょっとこれが田舎の中学校ではあの子は不良だ!と噂に
なってたりしてたらしいけれど・・アハハ・・どこが不良?!
皆でワイワイ騒ぐのも大好きなんだけれど
1人でも居たいという矛盾・・これ、現在もです。

同世代なので青春時代の出来事などなど・・
ヤンキーの話など・・読んでいて懐かしくもあり
ヤンキースタイルってあの時代はある意味流行?!
していた感がある。

都会でも田舎でも皆、同じような青春時代だったんだなと・・
原宿・竹の子族の時代だもんなぁ・・(笑)

今は世の中が多様化してあんな画一的な青春時代は
ないのかもしれない。

次はこれ・・雑誌感覚で読めます。

おしゃれはほどほどでいい 「最高の私」は「最少の努力」で作る

ピチカートファイブの野宮さんが本を出しているなんて知らなかった。
バブル時代に活躍されていたと思う。
この手の本も図書館にあるんだよねぇ・・

あの時代に活躍された人たちっていつまでも都会的で洗練された
ままの雰囲気で素敵です。
今もスタイル抜群で歌っておられます。カッコイイ女性です。

自分より年上の人のお洒落本はいろいろと参考になることもあり、
生きていく上でのヒントももらえるのでたまにこの手の本を読みます。

さて、また明日がくる。がんばりましょうぞ・・

今日もこんな私にポチッポチッとお願いいたします。
毎日の励みになっております。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ


GW明けから肌寒い毎日が続いています。
今日は銀行に行ったついでにやっとこさ夏野菜の苗を買ってきました。
今年は多品種少ロットで生産予定(^_^.)
去年のキュウリ地獄がトラウマになっています。

今年のGWは時間があるようでないようなお休みだったので
なんちゃって畑の始動もいつにもましてスローペース。

幸い、ちょっと冷え込む日が続いているので
苗屋のオジサンは今週末か来週に植えるのは
良いタイミングとも言っていました。
(なんちゃってや初心者は・・ですが・・)

そんな感じなのでここ最近の読書もライトなものが続きます。

不倫のオーラ

「週刊文春」連載コラムを年に一度まとめて出版されているもの。
よって、昨年の時事的なことから話題が広がるものが多く
あぁそういえばそんなこともあったな的なことがたくさん。

どんなに強烈な出来事であっても過去のものになれば
こんなもんなんだ。人間の記憶なんて所詮たいしたことが
ないなぁと思った次第。人の噂も75日と言うけれど本当だ。

林さん・・チャラっぽいキャラを演じておられるけれど
言葉の引出しがたくさんあってかなり知的レベルが高いお方だと
思います。なかなか楽しめます。
オバサンになると皆、気質が似るのか私も同じような
気質だなぁと思います。要はオバサンの皮をかぶったオジサン。

ただ、週刊誌のコラムのせいなのか、1つ1つのコラムに
タイトルがついているにも関わらず、読み進めていくと
「あれ?このコラムのタイトルって何だったっけ?」と
思いかえすことが多かった。(私だけか?!)
あくまでもコラムであってエッセイではないってこと?
(んん?コラムとエッセイの違いって何?!)
つーか、林さん自身がこのコラムはかなりラフに書いて
おられると感じる。

私が若い時は林さんのことがなんとなく女版?!田中康夫っぽい
空気があって(失礼っ!あくまでも私見・・)
好きになれずほとんど著作を読まなかったですが
ここ最近結構ハマって読みだしています。
現在は女版?!渡辺淳一っぽい・・(これまた失礼っ!)

本の最後に今放映されている大河ドラマ「西郷どん」の脚本家である
中園ミホさんとの対談があり、林さんの「正妻」「西郷どん」
も読んでみたくなりました。

正妻 慶喜と美賀子(上) (講談社文庫) 西郷どん! 並製版 上

なにせ、歴史検証などはあの歴史学者の磯田先生に教えを乞うて
おられる模様なのでおもしろい視点があるかも・・
(司馬遼太郎の「翔ぶが如く」はちょっと退屈な私・・)

もうおひとつオマケ?!

パンダのan an

古本屋でお安くなっていたので手にとってみました。
こちらは雑誌ananに連載されたエッセイ集。
かなり以前に出版されたもの。キョンキョンって若いときから自分を
客観視できる人だったように思います。
自分を客観視することは大切。

連休明けの週もあと1日で週末。
日々だけがめまぐるしく過ぎ去っていきます。

さて・・エッセイとコラムの違いをググってみよ・・

今日もこんな私にポチッポチッとお願いいたします。
毎日の励みになっております。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

さだまらない陽気のせいか・・ひきこもり続きの毎日のせいか
何がどうということではないのにドヨンとした気分の毎日・・

そんなときはシャキッとする本・・
先日、電車でとなりに座っていた女性が読んでいた本・・
チラチラ見てしまってひきこまれてしまった・・(^_^.)
だって、字が大きいし・・ドキッとすることが書いてあったから・・

photo015996fcb09a76bbae972b19879910f0f1b851f563-001.jpg

うーーーん・・鋭いっ!
何の本?とチラ見がガン見になっていくワタクシ・・
気になってしょーがない・・ここまでくると変なオバサン・・

photo0175c5512c5b71997e45c205a719178dd3bea517f8-003.jpg

photo015a7de06012b5cc102cee0d521ad54e8eeb6ed566-002.jpg

ブラボー!スカッとするお言葉・・そうよそうなのよ

あっ、この写真は自分で本を買ってから撮ったんですよ・・
電車の中で撮ってはいませんから安心してください

本はこの本でした・・既視感がある言葉だったはずだ・・(^_^.)
どこのページから読んでもOK的な本。電車の中の女性もパラパラ
あちこち開いて読んでました。

ココ・シャネルの言葉 (だいわ文庫)

「退屈より大失敗を選びなさい」・・・うん・・退屈は嫌いだわ。

ついでに随分前に読んだこの本を読みかえす。

新装版 ココ・シャネルという生き方 (中経の文庫)

シャネルの尖がったところがとても好きでスッキリします。
洋服のデザインのコンセプトに現れています。
私も多分死ぬまで尖がってるような気がする・・(^_^.)
まぁ私はただの頑固ババアですが・・
気分がドヨンとしたら手にする本です。

ついでにこの映画も好きで何度も見てしまいます。
(AmazonPrimeTVさまさま・・(^_^.))

<ココ・アヴァン・シャネル>


シャネルの役をしているオドレイ・トトゥは素敵な女優さんで大好きです。

さて、シャキッとしてまた頑張ろ・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ