FC2ブログ

絶対セレブに復活するぞ!借金~任意整理~返済  最初の第一歩

2017年5月10日にやっとこさ借金完済しました!

今年も乱読

Posted by 猫の目くるくる on   0  0

何かといろんな雑事が多かった1月ですが
本は読んでいます。



いつもの真山仁・・選挙戦が舞台。いつもながら軽快に読めます。



リビングテーブルに置いて毎日何気に読んでいます。
時間があるときはノートに何気に書き写しています。
こうでもしないとペンを持つことが本当に少なくなっています。
近年字が書けなくなっているワタクシ・・少しでも抵抗・・



老後の資金がありません (中公文庫)」がおもしろかったのでこれも読んでみる。
とても面白かったです。本のネーミングもいいですねぇ・・
すっかり垣谷 美雨ファン・・



本屋さんで発見・・買うよね・・なんて素敵な笑顔なんだろう・・
名言の数々・・どうやら先の一日一文よりこっちを書き写し
したほうがよさそう・・



引越ししたので今だに家の中でゴソゴソしたり
新しい生活パターンをつくったりの最中・・自然とこの手の本に手が伸びます。
この手の本は沢山でていますが押しつけがましくない文章が好印象。
読み終わってもふとしたときにパラパラめくって読んでいます。


ファッションは相変わらず好きなので定期的にこの手の本に
手がのびます。かなり洋服は厳選して数を減らしました。



雑誌はほとんど買わないけれどPremiumはたまに買います。
「住まいを整える」っていうテーマは今の私にはピッタリなわけで
見ていてなかなか楽しめます。
あと、この雑誌軽いんです(笑)重ーい雑誌って持っているだけで
ストレスが溜まるお年頃・・この軽さ好きです。紙の種類が違うのだと
思いますが写真も綺麗だし、重い雑誌と同じクオリティだと思う。

というわけで今年も乱読・・


今日もこんな私にポチッポチッとお願いいたします。
毎日の励みになっております。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ


スポンサーサイト

イイ奴らなんだよね・・

Posted by 猫の目くるくる on   0  0

読んだ本・・続きます。



ずっとモヤモヤしっぱしなのでガツンと・・
立ち読みレベルで読了できます。
(あっ立ち読みはしておりませんわよ)

あーだこーだと吠えてはいるんだけれど
ホリエモンと西野君もピュアでいいやつなんだと思う。
人に興味がないとか、時間が惜しいって言う割には
良いバカになれって必死に訴えてるし・・
お節介な男子たちだわ。

今の日本では窮屈そうだけど頑張れと言いたい。
でも、なんで海外に行かないのかしらね?

私よりすいぶん若い世代に支持を受けているって
ことは、それだけ若い人達は閉塞感があるのかもしれない。

私も学校というあの枠に入った団体教育が
嫌で嫌でたまらなかった人だからホリエモンの言いたいことは
よーくわかる。会社の組織も苦手。無駄が多すぎる。

「未来をあれこれ想像して不安に思うことに意味がない」
確かにそーだわね・・でも、私の場合はあまりにノーテンキ
すぎるから破滅になりそうだけど・・(笑)

ずっとモヤモヤしていて考えすぎるお年頃のオバさんの
カンフル剤として使用させていただこうと思いました。
さて・・オバさんへの効果はいかほどか・・

ホリエモン関連本はもういいか・・と思いつつも
本の企画力にやられてついつい読んでしまいました。
そう、若いうちは言いたいことどんどん吠えていいんだよね。
オバさんが吠えるとただのヒステリーになるから
控え目にしなくちゃ・・

オバさんもモヤモヤしつつも行動・・すぐ行動・・尻が重いんだよなー
とりあえず風呂にはいらなきゃ・・

今日もこんな私にポチッポチッとお願いいたします。
毎日の励みになっております。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

京都つながり・・ある意味奥深い

Posted by 猫の目くるくる on   0  0

今さらなのですが、初・原田マハ・・



私の感覚ではオサレな女性がこぞって読んで絶賛している
イメージがある作家さん。遅ればせながら読んでみました。

舞台は京都。前半がタラタラと長く途中で放り出しそうになりながらも
読みやすさもあってなんとか読み進める・・

半分以上すぎてから、サスペンス劇場なみに?!ドドドーっと物語が流れます。
ベタな2時間ドラマにするとピッタリな感じです。
でも、殺人とかはないですけれど・・

京都が大好きという方にはよいかもしれません。
京都出身の私にしてみるとちょっと描かれているワールドが
浮世離れしすぎな感じがして薄っぺらく感じるな。
外から見て、取材した京都が描かれている感がしてしまいます。

確かに本の中にもありましたが京都はある意味奥深い(^_^.)
これ・・京都の人にしかわからないと思う。とても複雑・・

ちょっと、初・原田マハに選んだ本としては失敗かも・・
ただ、「絵画」、「美」を扱っての物語としては新鮮でした。

次は王道の楽園のカンヴァス (新潮文庫)を読んでみようと思います。

と、京都つながりでこれ・・
ブログにUPしそびれていましたがしっかり先月初日に仕事を休み
見てきました。ゆっくり見たかったのよね。

初日は空いていてゆっくり見ることができました。
2年前は兵庫県立美術館でしたが今回は京都近代国立美術館。
開館と同時に入場しました。

photo015c15b00f44a5323c8357c653c0e6fdaf53b69507-001.jpg

藤田嗣治の若き頃から晩年までの作品が見れて
ドップリ堪能できました。機会あれば会期中にもう一度見たいくらい。

しかし・・悲しいかな彼は日本を捨てざるを得なかったんだな・・
日本という国は良い国ではあるけれど同調圧力が昔も今も強いから
異能な人材はすべて日本に失望して出国しているような気がします。
残念だなぁ・・

なんとかならんか?!同調圧力・・皆同じjではなくても
全然良いとおもうんだけどなー

いろいろ思うところがあるけれど目の前の明日を
なんとか超えねばならない庶民のワタクシです。

今日もこんな私にポチッポチッとお願いいたします。
毎日の励みになっております。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ


読んだ本・・気が付けば読書の秋

Posted by 猫の目くるくる on   0  0

読書の秋がやってきたからってわけではないけれど
読んだ本・・

地震&台風で本を読むどころではなかったけれど
それなりにチビチビ読んでいます。



久しぶりにこの手の本を手にとりました。
読んだのは随分前。少々停滞気味の時に読むと
ちょっとやる気になれます。
中味は啓発系ではなく理論的に書かれているので
私にとっては有益な本でした。
定期的に読み返したい本。



定期的に読みたくなる角田本?!(^_^.)
確か作者の角田さんは私より年下のハズなのに
どうしてこの年代の人のことを淡々と描写できるのだろう・・
私より少し年上の佐織と風美子のお話・・
(角田さんの「対岸の彼女 」のシニアバージョン?!)
こんな人いるよなぁ・・っていう人が沢山でてくる。
角田さんの人物の描き方が好きです。
たぶん、私は風美子的な気質があるな・・



私は老後どころか日々の資金にも事欠いているけれど・・
老後の資金をどうしたら貯めれるか?っていう本ではない。
とにかく、人は生活をしていると、息をしていると
思わぬお金がどんどん出て行くことがあるって話。
リアル生活でもあるあるな内容です(笑)
人間なるようになるもんなのよね。楽しく軽快に読めます。

<<番外>>
「愉楽にて」・・林真理子 日経新聞連載
9月初旬に連載終了。
最終回を読み終わった時に最終回ってわからなかったほど
あっけなく終わってしまった。
途中の盛り上がりがすごかっただけに無理矢理終わりにしたというか
本として出版される際には少し続編を加筆して発売するという
戦略なのかしらん?
新聞小説を最初から最後までここまでハマって読んだのは
初めてかも(^_^.)

でも、これってバブル紳士向けというか、おじさんウケを
狙ったものだよね・・バブルを知らない若者には退屈かもしれない。
すでに、次の連載小説ははじまっていますが(ワカタケル:池澤夏樹)
私には退屈で読んでいません。第一話をよんで「なんじゃこりゃ?!」
と思ってしまった・・
そろそろ、おじさんウケから脱却しないとヤバいぞ日経新聞。

読みたい本は沢山あるのにどーしてか腰を落ち着けて
読みふけることができない今日この頃。
それでもチマチマと読んでいます。もっと読みたいんだけどなー
あとね、手当たり次第に気になった本をAmazonで注文しまくってみたいなぁ・・
すごい冊数になると思う・・

今日もこんな私にポチッポチッとお願いいたします。
毎日の励みになっております。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ



読んだ本・・ちょっとズレてる

Posted by 猫の目くるくる on   0  0

なんだかここ数日はいやに涼しく爽やかな日が続いています。
夜になると冷え冷えしている我が家です。

今日からサッカーのワールドカップが始まりましたね。
特にサッカーファンではないけれどついつい見てしまう。
ウルグアイとエジプト戦、楽しめました。

ちょっと今回のW杯は日本ではかなり盛り下がってる感?!
があるのは私だけかしらん?
日本は直前の監督交代があったり・・なんだかなぁ・・
つーか・・監督交代しても選手に目新しさがないのが
かなりヤバイのではなかろーか?
もう、次のW杯のことを考えて経験の浅い若手をジャンジャン
投入したほうが面白いと思うけれどなぁ

サッカーファンでなくてもちょっと何かがズレているような気がします。
日本の試合を見ているとパッションを感じないんだよね。
他の国の試合を見ていると知らずに引き込まれるシーンが
たくさんあるんだけど・・

まっせっかくロシアまで行ってるし、髪も金髪に染めたりとかして
気合いいれてんだから、日本もとりあえず1勝くらいはしないとねぇ(-_-)
(うーーーん・・やっぱり気合いを入れるところがズレてないか?)

さて、最近に読んだ本・・こちらもアパレル業界のズレ?!

誰がアパレルを殺すのか

この本、カバーはショッキングピンクだし、タイトルもちょっと
目を引くように考えられたものだし、案外、ライトにさらっと読める本かと
思いきや、中味はかなり濃く、マジメで読み応えがあります。
すべてにダメダシしているワケでもなく小さな今後の希望?!
みたいなものも記してあります。

洋服好きのワタクシですが、そう・・あれだけお店があっても
ほしい洋服がない今日この頃・・だって、ブカブカの袋みたいな
同じような服ばかり・・どーしてそーなるのじゃ?!といつも
思っていたのですが、その答えが書いてありました。
Webや雑誌でよいなぁほしいなぁと思うものは近所に売ってない!

要はメーカーと消費者の考えていることが完全にズレてるんだよね。
もう、大量にドッカーンと作ってドッカーンと売れる時代では
ないのに、いつまでたっても過去の栄光よもう一度と思っている
大手アパレルのお偉いさんがたくさんいるのだろうな。
ちょっと、視点をかえればよいのにできないんだなぁ・・

あと、IT化がすごく遅れていると・・これは私も過去にアパレル関連の
材料メーカーさんの仕事をした時に業界全体がかなり古い体質で
「アホじゃないの?!」とひそかに思ったことが多々ありましたっけ・・

次にこれ・・

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

ホリエモン続いています。
これはAmazonプライムのAmazon Readerなるものが
あるのでタブレットで読みました。無料で読めちゃいます。
これは飲食業界について・・これも要はちょとズレてんだよ。
こちらもIT化、データ化が遅れていると・・
もっと飲食業界頑張ってよって話。
さらりと読めるのでタブレット向きです。

どちらの本も業界違えどヒントになることが沢山ありました。
自分の仕事も常に見直ししないと硬直化しちゃいます。

Amazonプライムに加入しているとKindle Unlimitedという
サービスがあり、月額980円(税込)で和書12万冊以上、
洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になります。

時事的なものや仕事関係でちょっと見てみたい本などには
よさそうです。雑誌もあるし・・
現在、とりあえず無料で1か月お試しができるので加入しています。
ちょうど仕事であれこれ調べたり、資料読んだりしなくちゃ
ならないのでよいタイミングです。

このサービスはなかなかよさげです。今のところ私はIpodで
読んでいますが、Kindleのタブレットを買おうかなぁとも
思いはじめています。

こうして、ジリジリとAmazonに洗脳されていっているような気がします。
(考えてみれば長らく楽天で買い物してない)

そういえば、「誰がアパレルを殺すのか」の中のインタビューで
ユニクロの柳井さんが次に闘う相手は同業のアパレルメーカーでなく
AmazonやGoogleだと言っていたのもさもありなん・・です。

おっと・・もう明日は週末・・1週間早いです。

今日もこんな私にポチッポチッとお願いいたします。
毎日の励みになっております。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ


このカテゴリーに該当する記事はありません。